カリフォルニア大学サンディエゴ校国際担当者講演会を開催しました

2015年11月30日

11月6日、カリフォルニア大学サンディエゴ校(University of California, San Diego、以下「UC San Diego」)国際オフィス担当ディレクターのMichelle Hermas氏による講演会を開催しました。Hermas氏は、神戸大学とUC San Diegoとが学術交流協定締結の運びとなったことに伴い来学しました。

UC San Diegoは1960年に設立された州立の総合大学で、国内外の大学ランキングにおいても常に高い評価を得ています。同校との間には以前から研究者レベルでの交流がありましたが、2014年3月の「神戸大学日米連携フェア2014」開催を機に、それら個別の交流を大学間連携へと発展させるべく、神戸大学国際交流推進機構米州交流室の支援の下に、より戦略的な研究交流を積み重ねてきました。

講演会ではHermas氏からUC San Diegoにおける国際交流の概要が、学生交換や学術交流協定の拡大、研究者交流、海外の研究助成金との関係等に関する説明とともに紹介されました。会場を埋めた約40名の本学教職員が熱心に聴き入り、講演後には活発な質疑応答も行われました。また、本講演会に前後してHermas氏は米州交流室の教員らと個別に懇談し、更なる交流の活性化に向けて話し合いを行いました。学術交流協定締結を一つの節目として、両校の連携を今後ますます強化していくことが確認されました。

(国際部国際企画課)