神戸大学Rooksが女子タッチフットボール「第24回東西大学王座決定戦」で優勝しました

2015年12月08日

2015年11月28日(土)、女子タッチフットボールの学生日本一を決める第24回東西大学王座決定戦「プリンセスボウル」が神戸市灘区の王子スタジアムで行われ、神戸大学Rooks(西日本2位)が優勝しました。武庫川女子大学(西日本1位)を29-14で下し、2年連続8度目の優勝となります。

優勝により、来年1月3日(日)に東京ドームで開催される日本選手権「さくらボウル」に出場し、社会人王者と対戦します。


主将・福長迪女さん(経済学部3年)のコメント:
「今年は武庫川女子大学に春トーナメントと秋リーグで2回負けており、悔しい思いをしていたので、大切な試合で勝つことができて本当に嬉しいです。今年の目標は、さくらボウルで勝って日本一になり、15年ぶりの2連覇をすることです。社会人チームには経験では劣りますが、これからの1ヶ月自分たちにできることを全力で行い、必ずこの目標を達成できるように頑張ります」
神戸大学ニュースネット委員会提供
関連リンク

(総務部広報課)