海事教材資源共同利用ワークショップ(WOMAR:Workshop on the Maritime Academic Resources)を開催しました

2015年12月14日

海事科学研究科附属国際海事研究センターでは、今年度から『海事教材資源共同利用ワークショップ(WOMAR:Workshop on the Maritime AcademicResources) 』と題する研究会をスタートさせました。
この研究会は、神戸大学ブリュッセルオフィスで実施した過去3回(3年間)のワークショップの成果として、平成26年度末に完成させた世界の海事系大学と海事人材(約700名)に関するデータベース(※)の成果を引き継いだものです。
2015年8月17日(月)~18日(火)には、神戸大学ブリュッセルオフィスにおいて、マサチューセッツ海事大学(USA)、アルジェリア高等海運学校(アルジェリア)、グディニア海事大学(ポーランド)、イスタンブール工科大学(トルコ)、そして神戸大学(日本)から5ヶ国、7名のメンバーにより『海事教材資源共同利用ワークショップ(WOMAR:Workshop on the Maritime AcademicResources) 』を開催しました。
効果的な海事教育研究を実践するために、各大学が保有する教育研究資源、地域文化的背景、海事グローバルネットワークの必要性とSTCW条約等の情報提供と“Student Micro-Exchanges(Rooks)”, “Maritime EducationSystem in each region(Adam, Buzaher, Furusho)”, “Intercultural Development Inventory(IDI)(Paul)”のようなツールが紹介され、次年度以降に向けた活動計画策定が課題として示されました。

※参考 https://mhrc.imerc.maritime.kobe-u.ac.jp/

(海事科学研究科)