ヘルマン・ファンロンプイ前欧州理事会議長(神戸大学アドバイザリーボード委員)の旭日大綬章伝達式が執り行われました(1月25日)

2016年02月05日

写真左から:片上慶一欧州連合日本政府代表部特命全権大使;ヘルマン・ファンロンプイ前欧州理事会常任議長;ミヒャエル・ライテラー欧州対外活動庁アジア太平洋局シニア・アドバイザー(写真はライテラー氏提供)

1月25日(月)、ベルギー・ブリュッセルの欧州連合日本政府代表部大使公邸において、本学アドバイザリーボード委員のヘルマン・ファンロンプイ前欧州理事会常任議長の旭日大綬章伝達式が執り行われました。ファンロンプイ前議長は、片上慶一欧州連合日本政府代表部特命全権大使から旭日大綬章を授与されました。伝達式には、本学アドバイザリーボード委員のミヒャエル・ライテラー欧州対外活動庁アジア太平洋局シニア・アドバイザーも出席しました。

ファンロンプイ前議長は、2015年秋の叙勲(11月3日付け)で旭日大綬章を授与されました。授与の理由は、「日欧間の協力関係の強化および相互理解の促進に努めた」ためとなっています。

授章の挨拶で、ファンロンプイ前議長は、EU諸国と日本の価値観の共有を強調し、テロや難民問題で複雑化する国際情勢においてEU諸国と日本が友好関係を更に強化することの意義を訴えました。日・EU俳句交流大使を務める前議長は、最後に挨拶の内容を表現する以下の俳句を詠みました:

    Friendship miracle
    A rising sun, shining stars
    In the same blue sky

ファンロンプイ前議長は、昨年、本学アドバイザリーボードの委員に就任し、昨年10月19日に本学ブリュッセル・オフィスで開催されたアドバイザリーボードのミーティングにて、本学の研究および国際戦略について本学側出席者と意見交換を行いました。

関連リンク:

欧州連合日本政府代表部

神戸大学海外アドバイザリーボード(2015年10月19日)

(国際部国際企画課)