University of Southern California × Kobe University Joint Research Kick-off Symposiumを開催しました(3月31日)

2016年04月14日

神戸大学は3月31日、南カリフォルニア大学 (University of Southern California) と共同研究のキックオフを記念した学術シンポジウムを、神戸大学百年記念館六甲ホールで開催しました。共同研究には、1.宇宙物理、2.分子シミュレーション、3.建築、3つのテーマが設けられています。

南カリフォニア大学は、神戸大学が日米連携強化大学の一校に指定するカリフォニア州で最初の私立大学で、世界大学学術ランキング(Academic Ranking of World Universities, 略称:ARWU)では49位、Times Higher Education社の世界大学ランキング2015-2016では68位と、世界的な大学として有名です。特に、工学系であるViterbi School of Engineeringは大学の中心的なスクールとして活躍しています。このViterbi School of Engineeringと、神戸大学工学研究科、システム情報学研究科、計算科学教育センターの3部局が本年2月に部局間協定を締結いたしました。

小川真人副学長・研究担当理事は、開会の挨拶の中で本シンポジウムを南カリフォルニア大学と本学との連携の第一歩と位置づけ、より強固な連携基盤の確立に向けた今後の展開への期待を示しました。シンポジウムでは、南カリフォルニア大学の教授3名による共同研究テーマに関する講演と、本学教員の共同研究担当者による研究発表が行われました。参加者から各発表者に対して多数の質問が寄せられ、活発な意見交換が行われました。また、シンポジウムと前後して、それぞれの研究グループにおいて、今後の共同研究のテーマや進め方について個別に議論を深める会議が行われました。本学他部局を含めた、より大きな研究グループでの共同研究に発展することが期待されます。

関連リンク: University of Southern California × Kobe University Joint Research Kick-off Symposium

(システム情報学研究科、工学研究科、計算科学教育センター)