農学研究科中屋敷均教授が「第32回講談社科学出版賞」を受賞しました

2016年07月22日

著書『ウイルスは生きている』

平成28年7月20日、第32回講談社科学出版賞の受賞作品が発表され、神戸大学大学院農学研究科・中屋敷均教授の著書『ウイルスは生きている』の受賞が決定しました。
 講談社科学出版賞は1985年に創設された歴史ある賞であり、自然科学全般における一般向けの科学書籍を選考対象としています(選考委員:浅島 誠・小林 誠(ノーベル賞受賞者)・藤嶋 昭・山根一眞・吉永良正)。今回の受賞作『ウイルスは生きている』は、一般には災厄を招くものと認識されるウイルスが、生物界において共生者、また進化を促す存在として果たしてきた役割を分かりやすく解説し、「ウイルスは生物ではない」とするこれまでの生物学の認識に一石を投じる内容となっています。

関連リンク

(農学研究科)