久元喜造・神戸市長が法学部「政治過程論基礎」で講義を行いました

2016年10月25日

10月24日、法学部の「政治過程論基礎」で久元喜造・神戸市長による講義が行われました。学生で満員となった教室で、国における政策決定過程の変遷について講義があり、過去に国・地方の政策立案を担い、実務経験に基づいた市長ならではの話に学生は熱心に耳を傾けていました。授業の最後には、たくさんの学生が積極的に質問をしている姿がありました。

 (法学研究科、地域連携推進室)