神戸オックスフォード日本学プログラム(KOJSP)五期生が武田廣神戸大学長を表敬訪問しました

2016年10月27日

10月20日、神戸オックスフォード日本学プログラムの留学生7名が武田廣神戸大学長を表敬訪問しました。懇談には、井上国際交流担当理事・副学長、及び人文学研究科研究科長・増本浩子教授、KOJSPアドバイザリーボード長・松本曜教授も同席しました。

本プログラムは、協定に基づいて、オックスフォード大学東洋学部日本学専攻の学生全員を神戸大学文学部において1年間受け入れるものです。2012年10月からスタートして、今回が第五期となります。

懇談では、7名の留学生から日本語での自己紹介があり、自身の出身地やこの一年間の抱負が述べられました。また、武田学長は、神戸大学への留学を通して日本語能力を向上するだけでなく、日本学の中から興味のある分野に力を注ぎ、神戸大学で学習する一年間でやりたいことに一生懸命に取り組んでほしい、と述べ、留学生に激励の言葉をかけました。最後に学長は、先輩に当たる第四期生が執筆した「神戸オックスフォード日本学プログラム修了論文集」をご覧になり、来年もこれ以上の成果を期待していると述べられました。

(人文学研究科)