貴重古文書「九鬼家文書」が人文学研究科に寄贈されました

2016年11月04日

かねてより神戸大学大学院人文学研究科に寄託中であった、九鬼家文書(全9点)が、同大学院に寄贈されました。織田信長、豊臣秀吉の発給文書を含む貴重な古文書です。この古文書は、神戸市北区の佐野元昭さん宅に保管されていました。この度、大学における教育、研究のためにこれらの古文書が活用されることを望まれた元昭さんのご意志により、神戸大学に御寄贈いただく運びとなりました。

寄贈いただいた古文書については、附属図書館のホームページ上で紹介する予定ですが、概要は、人文学研究科地域連携センター発行の『Link』6号(2014年)に、「[速報]新出の「九鬼家文書」の紹介」(村井良介研究員執筆)と題して紹介されています。

関連リンク

(人文学研究科)