日本大使館主催の日本留学説明会(中国・北京)に参加しました

2016年11月15日

神戸大学は、10月26日(水)に中央財経大学(北京)沙河キャンパスで、10月27日(木)に対外経済貿易大学(北京)で開催された日本留学説明会に参加しました。この説明会は、日本国大使館が主催し、日本留学を希望する中央財経大学の学生約80名、対外経済貿易大学の学生約120名が参加しました。

それぞれの説明会では、まず、日本国大使館の菊池信太郎一等書記官より、日本留学の概要及び留学に関する奨学金制度について説明がなされ、続いて、説明会に参加した3大学から15分程度の大学紹介プレゼンテーションが行われました。その後、留学説明会に参加した学生たちは、各大学の担当者に熱心に質問をしていました。

説明会の会場となった中央財経大学は経済を中心とした人文社会系の大学であり、日本語学科も設置しています。学生たちから神戸大学経済・経営学研究科の入学試験情報、英語コース、ダブルディグリープログラム等について、多数の質問が寄せられました。また、対外経済貿易大学は経済・貿易を中心とした人文社会系の大学であり、日本語学科も設置されています。学生からは、神戸大学への留学に必要な経費、人文学研究科の専攻内容等について、質問が相次ぎ、両大学における、日本留学に対する関心の高さが窺えました。中央財経大学及び対外経済貿易大学と神戸大学との、今後一層の交流の発展が望まれます。

(国際部国際企画課)