武田廣学長がサンルイ大学長を表敬訪問しました

2016年11月15日

11月7日、武田廣学長は本学の協定校であるサンルイ大学(ベルギー)のPierre Jadoul学長を表敬訪問しました。

サンルイ大学とは2014年に大学間学術交流協定を締結しており、国際文化学研究科、法学研究科、経済学研究科と学生交換を実施するなど、教育・研究交流が盛んに行われています。2016年10月12日には、日本・ベルギー友好150周年を記念したフィリップ・ベルギー国王・マチルド王妃両陛下の来日にあわせ、両陛下出席のもとで交流拡大のための覚書に調印しました。

この度の学長間の懇談には、小川真人副学長・研究/産学連携担当理事、井上典之副学長・国際/内部統制担当理事、油井清光学長補佐(国際連携担当)、吉田健一神戸大学ブリュッセルオフィス所長も同席し、現在の交流状況を確認し合った後、教員交流プログラムを含む本学とのより緊密な連携について協議しました。その後、表敬訪問にあわせて両大学の交換留学参加者、参加予定者と懇談を行いました。今回の訪問を通して、パートナーシップの強化に向けて両大学間での協力を促進していくことで合意しました。

(国際部国際企画課)