武田廣学長がエルテ大学を表敬訪問し、大学間学術交流協定に調印しました

2016年11月17日

11月10日、武田廣学長はエルテ大学(ハンガリー)を表敬訪問しました。エルテ大学 は、1635年創立の、ハンガリー・ブダペストに所在する公立の総合大学であり、本学とは人文学、発達環境学など多分野において、研究者間で学術交流が行われてきました。

両大学は学術交流拡大にむけて大学間学術交流協定締結に合意し、この度の表敬訪問にあわせて調印式を執り行いました。調印式には、小川真人副学長・研究/産学連携担当理事、井上典之副学長・国際/内部統制担当理事、油井清光学長補佐(国際連携担当)も同席し、現在の交流状況を確認し合った後、今後のより緊密な連携について協議しました。

神戸大学はポーランド拠点(クラクフ)を拠点として中東欧諸国における日欧の教育及び研究分野での協力強化を推進しており、エルテ大学は本学にとってハンガリーでの第一校目の協定校となります。

(国際部国際企画課)