平成29年度第1回海外留学フェアを開催しました

2017年05月23日

平成29年4月26日(水)に国際教育総合センターで平成29年度第1回海外留学フェアを開催しました。昨年度までは年4回のフェアを実施しておりましたが、今年度からは授業期間中に毎月開催し、計8回実施することにしました。初回の今回は、入学後間もない新入生を主に対象とした説明会で、個々の学生が、海外留学の概要を知り個々の計画を立てる手助けをすることを目的とするものでした。

まず初めに本学の国際教育総合センターが「海外留学の基礎」という題で、留学の形態、期間、行先などについて、「留学するならば何をポイントに考えたらよいか」というおおよそのイメージを描けるようにセミナーを実施しました。引き続き、国際部国際交流課が「神戸大学海外留学プログラム」という題で、学内の交換留学を中心とするプログラムについての説明を中心に、主な奨学金の紹介までのセミナーを実施しました。ブースでは、学内のプログラムや留学一般に関する相談を受け、さらには中国留学に特化したコーナーを設けました。また、交換留学の経験者に参加してもらい、ブースで相談に対応しました。協力者はクイーンズランド大学留学者の陳さん(経済学部)、SOAS留学者の上嶋さん(国際文化学部)、グラーツ大学留学者の假谷さん(人文学研究科)、ソフィア大学留学者の足立さん(人間発達環境学研究科)の4名でした。

学外からは、日本英語検定協会には「IELTSとは?テスト概要紹介」、国際教育交換協議会(CIEE)には「TOEFL iBT概要/海外ボランティア」と題しセミナーを実施いただいたほか、それぞれ相談ブースを開いていただきました。

できる限り計画的な留学の実現に向けて、個々の学生が動きやすいように、早い時期から海外留学の概要を把握しようというフェアでしたが、これをきっかけに、卒業までの大学生活に留学が最適な形で組み込まれることになればと願っております。参加学生は、昼休みを中心に74名でした。次回は5月19日(金)に、第2回海外留学フェアを予定しています。米国総領事館の協力のもと、アメリカ留学の特集と題し実施する予定です。

          

(国際教育総合センター)