コメニウス大学(スロヴァキア)副学長が来学しました

2017年05月29日

 5月23日、コメニウス大学(スロヴァキア)からダニエラ・オスタトニコヴァ副学長(国際関係担当)が来学し、武田廣学長を表敬訪問しました。懇談には、油井清光学長補佐(国際連携担当)・人文学研究科教授ならびに花田エバ国際連携推進機構EU総合学術センター准教授が同席しました。

 コメニウス大学は、1919年にスロヴァキアの首都ブラチスラヴァに設立された国立総合大学です。神戸大学とは、人文学および化学分野において、研究者の交流があり、2016年12月には同大の研究者を参画メンバーに含む本学主導のプロジェクト(「EUと日本におけるV4地域の位置づけに関する教育コース」)が国際ヴィシュグラード基金に採択されました。2017年2月には、油井学長補佐ならびに花田准教授が同大にてオスタトニコヴァ副学長らを表敬訪問しました。

 懇談では、始めに、神戸大学側から、上記の訪問に対する謝意が述べられ、その後、オスタトニコヴァ副学長から武田学長に対して、コメニウス大学の教育研究面の特長について説明がありました。最後に、両者は大学間学術交流協定に調印しました。

 神戸大学は、今後、コメニウス大学と上記プロジェクト等において緊密に連携を図り、中東欧諸国における学術交流を一層促進していきます。

(国際部国際企画課)