アベノミクスを再考 浜田宏一・内閣官房参与招きシンポジウム開催しました

2017年07月26日

岸田文雄外相が7月23日、本学を訪れ、出光佐三記念六甲台講堂でシンポジウム「岸田外務大臣と語る:兵庫県の魅力を世界に発信」(外務省主催、神戸大学、神戸新聞社共催)が開かれました。地方の魅力をグローバルに発信する「地方を世界へ」プロジェクトの一環で、一般の方々や留学生、本学関係者など約400人が外相の基調講演やパネルディスカッションに耳を傾けました。

最初に外務省の武井俊輔・外務大臣政務官と武田廣学長があいさつしました。武田学長は会場の講堂に名前を冠した本学卒業生で出光興産創業者の出光佐三氏に触れて「神戸大学は出光氏のように世界で活躍する人材を育成してきた。現在も多くの留学生を受け入れ、大学院生の17%が留学生になっている」と本学の貢献を説明しました。

(総務部広報課)