エレコム株式会社へ御礼の訪問をしました

2017年09月20日

神戸大学の鶴甲第1キャンパスグラウンドへ人工芝敷設工事等総額1億6千万円規模のご寄付いただいたエレコム株式会社(東証一部上場パソコン周辺機器メーカー大手、本社:大阪市中央区)を9月20日に訪問しました。

当該グラウンドは、平成27年4月に人工芝化され、既に竣工式を開催しておりますが、このたびアウトフィールドの人工芝敷設工事も完了したため、同社取締役葉田社長へ武田学長から改めて謝意を表明いたしました。

グラウンドには、寄付への謝意の証として「神戸大学エレコムグラウンド」と名付けられており、世界最高品質の人工芝で学生の教育環境の向上が図られると同時に、女子タッチフットボール部Rooksやラクロス部が練習で使用し、またアメリカンフットボール部レイバンズとエレコムファイニーズも合同練習を行っており、相互のチーム力の向上にも大いに役立っています。

葉田社長からは、同席したレイバンズ遠藤主将に対し「これからも一部昇格を目指してぜひ頑張ってほしい」との熱いエールが贈られました。

左からレイバンズ遠藤主将、エレコム株式会社取締役社長 葉田様、武田学長、内田理事・副学長、エレコム株式会社 久保様(レイバンズOB)

(企画部社会連携課)