オフショアセーリング部が世界大会で優勝しました !

2017年10月25日

10月16日から10月22日の日程で、フランスのマルセイユ・フリウル島で開催された大型ヨットの学生世界選手権「Student Yachting World Cup 2017」で、神戸大学オフショアセーリング部が優勝しました。日本チームの優勝は初めてであり、ヨット強豪国の多いヨーロッパ勢の中での優勝は快挙です。

参加チームは、ヨーロッパを中心としてアイルランド、スコットランド、イングランド、ノルウェー、スイス、ロシア。アメリカ大陸よりカナダ、アジアからインドネシアと日本の全9チームが参加し、7日間で16レースが行われました。

神戸大学チームは、海事科学部9名と農学部1名(内3名女子)の構成で、日本から9名がフランスへ移動し、東欧留学中の学生1名が留学先からフランスで合流と、まさに世界を股に掛けるチームでした。

大会では、1日に4〜6レースと、世界大会に相応しい厳しく密度の濃い対戦が行われました。神戸大学チームは、初日は中位の総合順位に位置していましたが、徐々に順位を上げ、大会4日目には総合3位にまでに上がり、大会5日目にはさらに得点差を詰めて、1位~3位までが1点差に並ぶ接戦となりました。翌日のレースでは上位3チームの熾烈な3つ巴のレースが展開され、神戸大学チームは2位、1位、2位、1位と追い上げを見せ、競合する2校をかわし、総合1位に踊り出ることになりました。上位2艇は英国艇で、セーリングの盛んな英国において、質、量ともに厳しい国内予選を勝ち抜いてきたチームであり、そのチームと対等に戦えたことは素晴らしいことです。

海上では連日熱戦が繰り広げられましたが、レース後、陸上では毎晩パーティが行われ、初日の開会式ではチーム紹介があり、大会2日目にはお国自慢パーティが開催されました。各チームは自国の飲みものや食べものでオモテナシを行い、神戸大学チームも日本酒、日本食で店を開き、各国の同世代の若者と、ダンスに歌にと交流を深めました。表彰式では、各国の学生から日本チームの初優勝に祝福を受け、歴代の優勝者名にJapanの名前を刻み、歴史の1ページを書き加えることとなりました。


大会成績

関連リンク

(オフショアセーリング部・広報課)