神戸大学海外アドバイザリーボードを開催しました

2017年12月04日

神戸大学は11月22日にベルギー・ブリュッセルの本学オフィスでアドバイザリーボードを開催しました。アドバイザリーボード委員からはヘルマン・ヴァン・ロンプイ 前欧州理事会常任議長ならびにロジャー・グッドマン オックスフォード大学セントアントニーズカレッジ学寮長を招聘しました。

吉田健一神戸大学ブリュッセルオフィス所長の司会の下、始めに武田廣学長がアドバイザリーボードの構成状況を説明し、続いて小川真人副学長・研究/産学連携担当理事と井上典之副学長・国際担当理事がそれぞれ産学連携、競争的資金の獲得と今年度の国際交流活動について、そしてパトリック・ヴィッテ=フィリップ神戸大学ブリュッセルオフィスアドバイザーがオフィスの今年度の活動についてプレゼンテーションを行いました。

その後、両委員からは、欧州委員会の研究資金の獲得、本学の留学生数、ブリュッセルオフィスの現地大学オフィスネットワークにおける活動などについて、所属機関との比較を交えながら、評価および意見が述べられました。

本学は今後も海外拠点を中心に国外でもアドバイザリーボードを開催し、ガバナンス機能の強化に努めます。

(国際部国際企画課)