中国科学院大学副学長が来学しました

2017年12月13日

12月11日、董軍社中国科学院大学副学長一行が来学し、井上典之副学長・国際担当理事と懇談しました。懇談には、本学から、冨山明男工学研究科長、近藤昭彦科学技術イノベーション研究科長、黄磷アジア総合学術センター副センター長、全昌勤システム情報学研究科准教授が同席しました。

懇談では、始めに井上理事から歓迎の挨拶があり、その後、冨山研究科長、近藤研究科長、全准教授が所属研究科の紹介を行いました。先方からは修了生の進路、企業との連携、研究者の短期滞在等について質問が寄せられました。続いて、董副学長が中国科学院大学の概要を紹介しました。

今回の懇談を通じて、双方は、イノベーション創出への取組み等の研究面において多くの共通点を発見し、今後、学術協力を推進していくことに合意しました。

(国際部国際企画課)