トビタテ!留学JAPAN第9期募集説明会を開催しました

2017年12月26日

平成29年12月21日(木)に、国際教育総合センター情報資料室にて、官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~の第9期募集説明会を開催しました。同プログラムは、グローバルリーダー育成という目的のもと、政府と民間企業等が協力して実施している海外留学支援制度であり、選考を通過した採用者は、手厚い奨学金をはじめ、留学前後の研修等の支援を受けることができます。

説明会当日は、国際交流課から同プログラムの概要・第9期への申請方法等について説明した後、神戸大学における同プログラム採用生(3期、4期、5期、以下トビタテ生という)4名との座談会を行いました。トビタテ生4名による留学体験談を含めた自己紹介の後、グループ(トビタテ生1人につき複数の参加学生)に分かれ、トビタテ生が体験談を話したり、参加学生が質問をしたり、アットホームな雰囲気で積極的に交流をする様子が見られました。制度や概要を理解することももちろん大切ですが、トビタテに興味のある学生にとって、トビタテ生から生の声を聞けたことはとても有意義な体験になったのではないでしょうか。

また、当日は36名の学生が参加し、終了予定時刻を過ぎた後も積極的に質問し、トビタテ生と交流する意欲的な学生も見られ、応募について質問にくる学生もいました。今回の説明会を通じて、参加者からは「自分と似た境遇のトビタテ生がいてとても参考になった」、「文系・理系、交換留学・私費留学、いろいろなトビタテ生の話を聞くことができてよかった」等の意見が寄せられ、同プログラムについて理解を深める良い機会になりました。

座談会に参加したトビタテ生は、自身が採用される前のことを振り返ったり、留学を振り返ったり、参加学生と直接いろいろな話をすることができ楽しかったと話してくれました。同プログラム採用生の役割の一つである「エヴァンジェリスト活動」(留学機運醸成のための活動)の一環として、今後も多くの採用生が活躍してくれることを期待します。

同プログラム第9期の学内応募締切日は平成30年2月5日(月)です。募集概要については、以下のリンクページをご覧ください。

【参考】トビタテ!留学JAPAN学内HP

(国際部国際交流課)