国際協力研究科の学生5名が世界銀行本部でインターンシップを行っています

2018年03月26日

国際協力研究科の大学院生5名が米国ワシントンDCに本部を持つ世界銀行にて2018年2月から3月にかけてインターンシップを行っています。世界銀行本部では、アフリカ局、東アジア太平洋局、南アジア局の人間開発部にて、世界銀行が独自に収集した家計調査データの分析を行ったり、教育フラッグシップレポートのバックグランドペーパーを作成したり、世界銀行の顧客である途上国政府とのテレビ会議等にも参加して、世界銀行のオペレーションに関して実践的に学んでいます。

国際協力研究科ではインターンシップや海外実習を積極的に提供しており、国際開発や国際協力の分野でグローバルに活躍できる人材育成を行っています。世界銀行の他、ユネスコやユニセフなどの国際機関や二国間援助機関である国際協力機構(JICA)、また、ウガンダ教育スポーツ省、カンボジア教育ユース・スポーツ省などの政府機関にも積極的にインターンを送っており、常時インターンシップ先を開拓しています。

関連リンク

(国際協力研究科)