国立彰化師範大学から訪問がありました

2018年06月11日

6月5日、国立彰化師範大学(台湾)から郭艶光学長が来学し、木村幹アジア総合学術センター長を表敬訪問しました。国立彰化師範大学からは、黃聖慧国際オフィス長と鍾欣倪国際オフィス コーディネーターが同席しました。

懇談では、木村センター長の歓迎の挨拶のあと、引き続き郭学長が挨拶を行い、その後、鍾コーディネーターから国立彰化師範大学の概要説明が行われました。説明では、スライド資料に基づき、同大学の沿革・歴史、学部・大学院の組織案内、国際交流状況、留学プログラム、外国人留学生の宿舎支援等について紹介がありました。これに対し、木村センター長からは、本学の特色や独自性を交えた大学紹介があり、両者は相互に共通点を確認するとともに、双方にとって有効な教育交流の可能性や在り方について意見交換を行いました。

今回の訪問により、両大学の交流が今後ますます盛んになることが期待されます。

(国際部国際企画課)