福井内閣府特命担当大臣が海事科学研究科を訪問しました

2018年07月05日

7月1日、福井 照内閣府特命担当大臣(海洋政策)が、海事科学研究科を訪問しました。福井大臣は武田学長、内田海事科学研究科長、矢野海事博物館長、巽海洋底探査センター長と同行し、海事博物館の視察を行いました。

福井大臣は矢野海事博物館長の案内のもと、武田学長らとともに海事科学部創基100周年記念展示物や、常設展示物を見学。計器展示の説明では「ノット」や「ログ」の語源に注目が集まりました。

1917年川崎商船学校、1920年神戸高等商船学校、1952年神戸商船大学、2003年神戸大学海事科学部と、本学部の歴史の変遷をたどり、対馬丸の模型船の前では、多くの学童が犠牲となった悲劇に深く思いを寄せながら説明を受けました。

その後の意見交換では、巽海洋底探査センター長から、神戸大学における海に関する教育研究の現況と、海洋立国をリードする総合大学を目指した海共生アライアンス構想について、説明が行われました。
 最後に福井大臣は、我が国が真の海洋立国に発展することに対する強い思いを述べられました。

 

(海事科学研究科)