平成30年7月豪雨災害におけるボランティア活動について

2018年07月12日

学生の皆さんへ

平成30年7月豪雨災害は、現地での受け入れ体制が次第に整備されることによって可能になりつつあります。したがって、現地でのボランティア活動を希望する学生は、以下のサイトのなどを閲覧してボランティア受け入れに関する最新の情報を吟味した上で、災害ボランティアを行って下さい。

なお、現地によっては避難指示や避難勧告等避難情報が発表されている地域があります。天候は回復していますが、地盤のゆるみは続いているので、土砂災害の発生等二次的被害の危険性がまだあります。そのような地域での活動は行わないでください。

ボランティアによる無理な活動はボランティア自身の安全だけでなく、結果的に被害を受けられた方々の体と心の安全も阻害する可能性があります。活動に当たっては、被災地に負担をかけないよう配慮するとともに、単独での行動を慎み、安全面に留意しつつ、現地災害ボランティアセンターなどの指示に従って行動して下さい。

 

<災害ボランティア情報>

  1. 全社協  被災地支援・災害ボランティア情報
  2. ひょうごボランタリープラザ 災害ボランティア情報 平成30年7月豪雨災害にかかる情報

<活動を考えている方へ 必読!!>

① ボランティア保険に入りましょう
活動を考えている方は、ボランティア保険に加入ください。
災害ボランティアセンターで活動する方に関しては現地でも加入できますが、事前に加入いただければ窓口はとても助かりますので、ご協力ください。
神戸市各区社協ほか、各市町の社会福祉協議会で加入できます。

② 全社協

水害ボランティア作業マニュアル

③ 平成30年7月豪雨の被災地でのボランティア活動を考えている学生のみなさん

学生災害支援ボランティアの心得10か条(早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター)

お問合せ先

学生ボランティア支援室 (キャリアセンター ボランティア支援部門)

開室時間: 平日11:00~18:00

メール: hq-vol@lab.kobe-u.ac.jp

電話: 078-803-6256   FAX: 078-803-5438

 (キャリアセンター)