貿易大学を表敬訪問しました

2019年03月27日

3月11日、藤田誠一理事(教育担当)および井上典之理事(国際担当)が本学の協定校であるベトナム・ハノイの貿易大学のグエン・トゥ・トィ副学長およびダオ・ティ・トゥ・ジャン副学長を表敬訪問しました。

貿易大学は1960年に設立された国立大学で、ハノイ、ホーチミン市及びクアンニン市にもキャンパスを持ち、経済学、経営学、マーケティング、金融から、法律や外国語など、幅広い分野を学ぶことができる大学です。2015年4月に3番目の海外拠点として、貿易大学の校内にハノイ神戸大学連絡拠点を設置しました。

懇談には、ブイ・ティ・リー国際経済経営学院部長及びカオ・ティ・ホン・ヴィン大学院教育部講師そして国際部からはブー・ティ・ヒエン部長そしてダオ・ティ・トゥ・ハー副部長も同席し、連絡拠点の今後の運営と両大学間の交流、特にダブルディグリープログラムについて協議しました。また、チャン・ティ・トゥ・トゥイ日本語学部長とは、将来どのような交流が考えられるか、その可能性について意見交換を行いました。

懇談後は、グエン・ティ・タイン・アン日本語学部講師からの両理事の紹介の後、日本語学部及び国際経済経営学院、夜間大学院経済コース及び法学コースの学生に対し、神戸大学のダブルディグリーについてプレゼンテーションを行いました。プレゼンテーション後は、質疑応答が活発に行われました。

ダブルディグリープログラムや交換留学制度を通して、両大学の交流が今後さらに活発となることが期待されます。

(国際部国際企画課)