平成31年度入学式を挙行しました

2019年04月04日

神戸大学は4月4日、神戸ポートアイランドホール(ワールド記念ホール)にて、平成31年度の入学式を挙行しました。今年度は、学部に2,621名、大学院博士課程前期課程に1,214名、博士後期課程に320名、法科大学院と経営学専門職学位課程に140名、編入・転入学生109名の計4,404名が入学しました。

武田廣学長は式辞で、今年度から初めて実施された「志」特別入試に触れ、「神戸大学への入学を新たなスタート地点とし、知識を得て将来何をなすのか、それぞれの「志」を見つめ直してほしい」と新入生を激励。神戸大学の魅力として、全国有数の規模を誇る総合大学であること、歴史と伝統のある総合研究大学であること、国際性豊かで変化への対応に優れた大学であること挙げ、「そのような環境で学生のみなさんがよく学び、友人を作り、世界に目を向け、失敗を恐れず積極的に出会いを求め、その経験から人間として成長することを祈念します」と話しました。

続いて、六甲台学生評議会の学生の司会のもと、本学で留学生として学んだ経験があり、現在はSOPHYS株式会社代表取締役CEO/Trusted株式会社代表取締役CEOとして活躍されているFariza Abidova(ファリザ アビドヴァ)氏による記念講演が行われました。

Abidova氏は、「~Dream big and start now~ 夢は境遇を越える」と題し、ウズベキスタンの多文化・多言語の環境に生まれた自身のバックグラウンドや、異文化コミュニケーションや国際市場に関する深い知見を活かして起業し、自らの情熱や夢を実現させてきたことを紹介。「この4年間で勉強も遊びも大切にしながら、自分の夢のプロジェクトをスタートさせ、自信をつけて、この社会を変える仲間の一人になってほしい」と新入生にエールを送りました。講演に引き続き、「大学生のうちにしておくべきこと」や「神戸大学の誇れるところ」など、様々なテーマについて学生とのディスカッションが行われました。

最後に、応援団総部、応援団総部吹奏楽部、アメリカンフットボール部専属チアリーダーRAVENS CHEERらが「新入生応援演舞」を披露し、盛大なエールが送られて閉会しました。

関連リンク

(総務部広報課)