神戸大学医学部附属病院が「救命救急センター」を開設します

2019年06月26日

神戸大学医学部附属病院は、7月1日(月)に24時間体制で対応する「救命救急センター」を開設いたします。

当院は、6月14日に、兵庫県から救命救急センターに指定されました。兵庫県では、県立尼崎総合医療センターに次いで11番目、神戸市では3施設目となります。

高度急性期においては、隣接する、阪神北、東播磨、北播磨において、必要病床数が不足することが予想されており、救急医療の需要は大きく膨らむと考えられます。神戸圏域のみならず、他圏域から流入する患者を受入れ、質の高い医療を提供し、また、次世代の救急・総合診療を担う医療者の育成が急務です。

当院では、多くの診療科を擁し、特殊な疾患を扱い、研究機能も有する大学病院としての強みを活かし、また、次世代の救急・総合診療を担う医療者の育成を図る観点からも、地域の医療機関と連携し、専門性の高い分野で兵庫県や神戸市の救命救急体制をサポートしていきます。

 

問い合わせ先

神戸大学医学部病院経営企画課
TEL:078-382-5080
E-mail:kakikaku[at]med.kobe-u.ac.jp (※ [at] を @ に変更してください)

(医学部総務課)