駐日リトアニア共和国特命全権大使が神戸大学を訪問しました

2019年07月08日

7月2日、ゲディミナス・バルブオリス駐日リトアニア共和国特命全権大使が武田廣学長を表敬訪問しました。懇談には、玉木健次郎日本リトアニア交流センター代表理事、潮恵一郎在大阪リトアニア共和国名誉領事館スタッフならびに本学からは、吉井昌彦国際担当理事、青木茂樹人間発達環境学研究科長、吉田健一EU総合学術センター長、鈴木広隆工学研究科准教授が同席しました。

懇談では、冒頭にバルブオリス大使から今回の神戸滞在における精力的な活動が紹介されました。続いて、リトアニア共和国が国家規模でバイオサイエンス分野の研究に注力していることならびにバイオテクノロジーが同国の重要産業であることについて説明がありました。さらに、来年リトアニア共和国の首都ヴィリニュスで開催予定のLife Sciences Baltics 2020が紹介され、同イベントへの招待状が武田学長に手渡されました。本学からは、吉田センター長からバイオサイエンス分野における研究が紹介されました。

また、バルブオリス大使は本学とヴィリニュス・ゲディミナス工科大学(Vilnius Gediminas Technical University)との学術交流を例に、神戸市とリトアニア共和国との交流実績に言及し、今後も双方の交流を継続したい考えが示されました。

今回の訪問を契機として、神戸大学とリトアニア共和国との更なる学術交流の強化が期待されます。

(国際部国際企画課)