食資源センターで青空教室を開催しました

2019年07月10日

2019年6月30日、神戸大学農学研究科附属食資源教育研究センターは、令和元年度第1回青空教室を開催しました。

青空教室は、当センターが開催する加西市内の小学生を対象とした年2回の農業体験実習で、2017年に開始し、今年で3年目となります。

今回の実習ではジャガイモの収穫と多品種の食べ比べを予定していましたが、降雨のためジャガイモの収穫については実施を取りやめました。代わりに牛舎の案内を行い、子どもたちは初めて間近で見る大きなウシに驚いていました。

ジャガイモの食べ比べは予定通り行われ、子どもたちは7品種のジャガイモを食べ比べて、味や食感の違いを体感しました。また同時にジャガイモについての学習も行い、子どもたちは興味を持って活発に質問をし、楽しそうに知識を深めていました。

次回の青空教室は10月26日(土)に、ナシの収穫と、ウシとのブラッシング等による触れ合い体験を予定しています。

関連リンク

・附属食資源教育研究センター

(附属食資源教育研究センター)