神戸高商初代校長、水島銕也先生の生誕150年記念 大分県中津市で講演会と進学相談会を5月に開催

2014年04月22日

神戸大学の礎である神戸高等商業学校の初代校長を務めた水島銕也先生 (1864~1928) 生誕150年を記念して、神戸大学主催、神戸大学六甲台後援会、凌霜会後援で講演会と進学相談会を5月17日(土)に、水島先生生誕の地、大分県中津市で開催します。

水島先生は1903年 (明治36年) に新設された神戸高等商業学校の初代校長に着任。東京高等商業学校 (現・一橋大学) が学理を中心にした教育を行ったのに対して、実践を重視して実務中心の商業学校卒業生に門戸を開放。同時に国際商業人育成を掲げて22年にわたって校長を務められました。その間に産業界には出光佐三、政界に石井光次郎、江田三郎の各氏を送り込みました。水島先生の胸像は神戸大学出光佐三記念六甲台講堂の前庭にあり、今も学生を温かく見守っています。

講演会は午後2時、中津市のグランプラザ中津ホテルでスタート。福田秀樹学長、新貝正勝中津市長の挨拶の後、新野幸次郎元神戸大学長が「中津の偉人 水島先生と神戸大学」の演題で記念講演します。同時に同ホテルで進学相談会も開催します。いずれも入場無料です。

講演会のお問合せは水島銕也先生生誕150周年記念事業実行委員会事務局 (Tel: 078-805-3833)。進学相談会のお問合せは神戸大学入試課 (Tel: 078-803-5228)。

(広報室)