「RIEBセミナー ~浜田宏一先生から若手研究者へのメッセージ~ どうすれば良い研究ができるのか? ― 偉大な先学達から学ぶ研究の秘訣」を開催しました

2014年05月22日

国際金融の分野で功績を収め、現在も第一線で活躍を続ける浜田宏一氏 (内閣官房参与、イェール大学名誉教授、神戸大学経済経営研究所リサーチフェロー) が、トービン、ソロー、モジリアニ等数々の偉大な経済学者達との交流や自身の体験をもとに、「どうすれば良い研究ができるのか?」という大学院生や若手研究者が必ず直面する難問にどう立ち向かうべきかについて講演しました。

講演の最後には自身の現在進行中の研究にも触れ、講演後には満席の会場から多数の質問があり、浜田氏は一問一問丁寧に答えました。ご参加いただいた大学院生や若手の研究者たちと意見を交わす姿も見られ、当日は盛況ののちに終了しました。

参考リンク

(経済経営研究所 共同研究推進室)