遠隔操作性と繊細な作業性を備えた建設ロボットを開発

2016年11月11日

内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジ(プログラム・マネージャー:田所 諭)の一環として、研究開発課題「災害対応建設ロボットの開発」責任者大阪大学大学院工学研究科 吉灘 裕(よしなだ ひろし)特任教授(常勤)、神戸大学大学院工学研究科 横小路 泰義(よここうじ やすよし)教授、東北大学未来科学技術共同研究センター 永谷 圭司(ながたに けいじ)准教授、東北大学大学院情報科学研究科 昆陽 雅司(こんよう まさし)准教授、東京大学大学院工学系研究科 山下 淳(やました あつし)准教授、東京工業大学工学院システム制御系 田中 正行(たなか まさゆき)准教授らは、従来の建設機械と比較して、作業性・機動性を飛躍的に高めた災害対応重作業ロボット(建設ロボット)の実験機を開発しました。


 本件に係る詳細はこちらをご覧ください:詳細資料(科学技術振興機構HP)


(工学研究科、広報課)