「全学旅費実務担当者研修会」を開催しました

2019年07月10日

令和元年7月9日(火)農学研究科C棟1階101教室にて、「全学旅費実務担当者研修会」を開催し、学内の総務・会計旅費担当者など166名が参加しました。

財務部経理調達課では、昨年夏より「旅費システム検討ワーキング」を7名で立ち上げ、平成31年4月における規程・要領・運用の改正に向けて部局ヒアリング等を行い、業務軽減やコスト削減について検討してきました。その節目として、より多くの方々に旅費業務について理解を深めてもらうことを目的とし、「最近の規則等の改正点」をはじめ、「常用経路」、「旅費コストの見える化」、「法人カード利用」、「代理受領・立替」、「日当の考え方」等、旅費業務に特化したものとしては初となる研修会を開催しました。

この中で、旅費システムの委託費については、人件費高騰のために来年度値上げされる可能性が高いこともあり、委託費を減らす唯一の手段は、常用経路の利用率を上げることであると強調しました。

旅費業務の明確化、常用経路の利用率を上げることの重要性が認識され、研修参加者からは「複雑な旅費業務について知識を整理することができた。」などの感想がありました。

今後も財務部経理調達課では、「旅費規程等の見直しによる業務改善」、「㈱日本旅行の業務委託を最大限に活用した業務軽減」、「常用経路利用率UPによるコスト削減」の3本柱で、旅費システム検討ワーキングを継続していきますので、ご協力の程よろしくお願いいたします。

(財務部経理調達課)