第18回神戸大学国際学生交流シンポジウム (The 18th Kobe University International Students' Symposium) を開催します! (12月1日・2日開催)

2012年11月02日

神戸大学国際学生交流シンポジウム (Kobe University International Students' Symposium: KISS) は、神戸大学のキャンパスに集う学生が、日本語/英語のバイリンガルで自由、活発に討議し、意見交換することを通して、国際理解、相互理解を深めることを目的としています。

The Kobe University International Students' Symposium is an opportunity for Kobe University's students to discuss their ideas and opinions in a freely structured English/Japanese bilingual environment. Participate for a chance to assert your views and deepen your intercultural understanding together with students from Kobe University!

今年のテーマは“世界の中の日本” This year's theme is "Japan in the world"

開催概要 (Event Outline)

主催 (Organized by)
留学生センター International Student Center
日時と場所 (Date and Place)
2012/12/1 (Sat), 2012/12/2(Sun) ロッジ舞洲 Lodge Maishima http://lodge.maishima.co.jp/
定員 (Number of Participants)
50名 (25 for Int'l students /25 for Non-int'l students) Space is limited, so reserve your place early!
参加費 (Participation Fee)
\1000 (Non-refundable) ※申し込み時に支払い
申し込み (Application)
留学生センター 留学生課窓口 Register at Int'l Student Division at KISC
問い合わせ (Contact)
kiss18symposium@yahoo. co.jp

※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

締め切り (Application Deadline)
2012/11/21 (Wed)

※申し込み用紙や詳しいスケジュール等は、PDFファイルでダウンロードできます。

KISS18 実行委員長からのメッセージ / Message from KISS 18 Organizing Committee Leader

参加者のみなさん

みなさんにとって、日本とはどんなところですか? 今年のKISS シンポジウムのテーマは「世界の中の日本」です。グローバル化が進む今日、世界の中で日本が果たすべき役割とはいったい何でしょうか。日本人と留学生とが一緒になって、様々な視点からここ日本について語り合います。KISS18は今後も繋がっていく様々な人や価値観に出会う、絶好の機会になるはずです。楽しく、充実した2日間を送りましょう!

Dear participants.

What is Japan for you? The main theme of KISS18 symposium is "Japan in the World." What can Japan does in the global world? Japanese and International students will discuss about it together from various aspects. KISS18 should be a great opportunity to meet new friends and value from all over the world. Let's have fun and great time together during the 2 days!

KISS18 実行委員長 岩下花菜
KISS18 Organizing Committee Leader Kana IWASHITA

(留学生センター)