神戸大学ボランティア講座「インクルーシヴな社会をめざすボランティア」参加者募集

2013年02月07日

2013年2月7日

本学では、阪神・淡路大震災での学生ボランティアの活躍をきっかけに、ボランティア活動や社会貢献活動などを通じて、キャンパスの中だけでは得られない社会の実際に即した学びを得ることを目的として、平成9年度よりボランティア講座を開講しています。16回目となる今回は、「社会的排除と社会的包摂」をテーマに実施します。

本年度の日程等については、次のとおりです。詳細は、募集要項 (PDF形式) を参照してください。

開催概要

実施期間
2013年2月17日 (日) ~ 3月21日 (木)
実施日時、場所、内容など
●講義など
日時: 2月17日 (日) 10:30~16:30
会場: 神戸大学瀧川記念学術交流会館2階大会議室
時間 内容
10:30~10:40 開講挨拶
10:40~12:10 講義「インクルーシヴな社会を目指すボランティア」
講師
津田 英二 先生 (神戸大学人間発達環境学研究科准教授)
12:10~13:00 (昼食休憩)
13:00~15:30 パネル討論「インクルーシヴな社会を目指す実践の課題と展望」
パネリスト
牧 秀一 氏 (NPO法人よろず相談室 理事長)
古川直樹 氏 (クロスジョブKOBE理事長、社会福祉士)
笹森 理絵 氏 (クロスジョブKOBE就労支援員、精神保健福祉士)
觜本 郁 氏 (神戸市職員、神戸公務員ボランティア、NPO法人神戸の冬を支える会)
司会
藤室 玲治 氏 (神戸大学学生ボランティア支援室コーディネーター)
15:50~16:30 実習ガイダンス
●体験実習
2月19日 (火) ~ 3月20日 (水) のうちのいずれか3日間、神戸市内の実習先等 「発達障害のある人との共生」「震災復興と被災者の生活再建」「野宿生活者を巡る排除と包摂の実際」の3テーマのいずれかを選択して参加 (複数テーマ選択も可能。詳細は募集要項を参照)
●意見交換会
3月21日 (木) 13:00~17:00
場所: 神戸大学鶴甲第1キャンパス K402教室
受講申込方法
募集人員は36人です (体験実習の定員。講義のみ参加も可)。 受講を希望する学生は、キャリアセンターまたは学生ボランティア支援室で配付する募集要項により、平成25年2月15日 (金) までに申し込んでください。あるいは受講申込書 (Word形式) をダウンロードし、必要事項を入力の上、メールに添付して学生ボランティア支援室 svs@port.kobe-u. ac.jp まで送信しても申込できます。

※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

受講申込方法
  1. 受講料は不要です。ただし現場実習などの交通費は実費負担となります。
  2. 体験実習参加者は、ボランティア保険への加入を条件とします (加入費500円は自己負担)。
  3. 講座終了後、一定のレポートを提出してもらいます。
  4. 所定の要件を満たした者には修了証を授与します。
申し込み先・問い合わせ先
神戸大学キャリアセンターボランティア支援部門 (学生ボランティア支援室)
〒657-8501 神戸市灘区鶴甲1丁目2-1
Tel: 078-803-6256 (担当:藤室)
E-mail: svs@port.kobe-u. ac.jp

(学生ボランティア支援室)