第6回神戸大学ICTフォーラムを開催

2012年01月18日

神戸大学情報基盤センターでは、1月12日に「第6回神戸大学ICTフォーラム」を開催しました。

情報基盤センターでは、平成22年7月の改組以来、ICTを活用して大学の未来をどのように作っていくかを、大学構成員同士で自由に意見交換を行う機会として、「神戸大学ICTフォーラム」を開催しており、これまで5回開催してきました。

第6回神戸大学ICTフォーラムを開催

第6回目となる今回は、「大学連携による高等教育改革へのチャレンジ -EDUCAUSE & AXIES 報告会-」をテーマに、神戸大学が加盟している米国のNPOで「IT (情報技術) を賢明に活用することを通じて高等教育の発展に資する」ことを目的に設立された「EDUCAUSE」、及びEDUCAUSEの日本版として平成22年に設立された「大学ICT推進協議会 (AXIES)」について、平成23年10月に米国・フィラデルフィアで開催されたEDUCAUSEの年次大会、及び12月に福岡で開催されたAXIESの年次大会の参加者による報告会を行いました。

報告会では、国内外の高等教育・学術研究機関間での連携の動きならびにIR (機関研究)、ITベンチマーク、経営情報・大学情報、情報基盤整備、情報教育等に関するEDUCAUSE 及びAXIESでの発表の紹介が行われました。

本フォーラムには、神戸大学のICTの将来に関心を持つ教職員等35名が参加しました。

神戸大学では、2012年を飛躍の年と位置付けています。情報基盤センターでは、その実現へ向けて、今後の「神戸大学ICT戦略」策定などを通じて、大学経営の情報化に大きく踏み込む覚悟であり、それに向けた意見交換のよき機会となりました。

(情報基盤センター)