若手教員の長期海外派遣成果報告会 (第3回) を開催します (3月15日)

2013年02月07日

2013年2月7日

本学は、福田秀樹学長主導のもと、平成21年9月に若手教員長期海外派遣制度を開始致しました。

本制度は、次世代の本学の教育研究を担う人材育成に資するため、若手教員 (45歳以下) に長期在外研究の機会を設けるものです。

このたび、平成21年9月以降に派遣され平成25年1月31日までに帰国された研究者16名を対象に、下記のとおり報告会を開催致します。

本制度は、平成25年度も継続予定で、これから派遣を希望される方、学生の皆様は奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

開催概要

日時
平成25年3月15日 (金) 9時30分~11時40分、13時~16時50分
場所
瀧川記念学術交流会館 大会議室
プログラム
  1. 開会の挨拶
    福田 秀樹 学長
  2. 報告・質疑応答 (発表者は別紙 派遣教員報告者一覧 (PDF形式) のとおり)
  3. 総評
参加申し込み等
参加は無料、参加対象は学生ほか部局長、評議員、専攻長、教職員。
事前申込は登録用紙(Excel形式) をダウンロードして、所属部局、職名、氏名、メールアドレスを記載の上、3月14日 (木) までに国際部 国際企画課 国際企画グループ intl-plan@office.kobe-u. ac.jp までご連絡願います (電話: 078-803-5044)。

※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。

(国際部国際企画課国際企画グループ)