神戸大学で欧州留学フェア2012が開催されました (5月12日)

2012年05月21日

写真1

5月12日、駐日欧州連合代表部主催による「欧州留学フェア2012」が神戸大学百年記念館六甲ホールにおいて開催されました。欧州の大学及び高等教育関係機関が一同に会する本フェアは、本邦初の開催であり、神戸会場には、イギリス、フランス、ドイツ、ベルギー、ポーランド、アイルランド、欧州連合から35の大学及び高等教育関係機関が参加し、半日で約250名の人が会場を訪れました。また、このフェアは神戸大学創立110周年記念事業の一環として開催されました。

各ブースでは、留学手続きや奨学金、現地での生活等についての質問に担当者が直接答え、参加者にとっては興味のある留学先についてより詳しい情報を得られるよい機会となりました。また、在大阪神戸ドイツ連邦共和国総領事館からアレクサンダー・オルブリッヒ総領事も来学し、本フェアに参加しているドイツの大学及び高等教育関係機関の各ブースを回られました。

写真2

同時に、六甲ホール内の会議室では、参加機関によるプレゼンテーションが行われ、会場を訪れた高校生や大学生、社会人の参加者が熱心に説明に耳を傾ける姿が見られました。

さらに、フェア終了後には、EUサークルのイベントとして欧州からの留学生と日本人学生約50名が参加した交流会が行われ、欧州連合の取り組みの紹介や各国の学生生活等についての意見交換が行われました。

なお、東京では明治大学を会場として5月10日、11日に開催されました。

イベント情報ページ
欧州留学フェア2012

(国際部国際企画課)

2012年5月21日

写真3 写真4
写真5 写真6