神戸大学参画の2つの地域・プログラムが「地域イノベーション戦略推進地域」と「平成24年度地域イノベーション戦略支援プログラム」に採択されました

2012年6月12日

神戸大学が中核機関として参画する2つの地域・プログラムが、「地域イノベーション戦略推進地域 (平成24年度公募分)」と「平成24年度地域イノベーション戦略支援プログラム」に採択されました。

1. 地域イノベーション戦略推進地域 (平成24年度公募分)

「関西ライフイノベーション戦略推進地域」 (国際競争力強化地域)

概要: 大阪府・兵庫県地域では、ライフサイエンス、ライフイノベーションに関する高いポテンシャル (研究機関・医療機関、産業、グローバルインフラ、超高度研究設備等) を有しており、地域がこれらの力を結集して一体的にライフイノベーションを推進し、科学技術・産業の両面にわたり、総合力と国際競争力の強化をめざす。

「ひょうご環境・エネルギーイノベーション・クラスター戦略推進地域」 (国際競争力強化地域)

概要: 安全・安心な水・空気・エネルギーが求められる中、膜工学やバイオプロダクション、放射光応用、ナノテクノロジー等の革新的技術シーズの集積と環境・エネルギー関連企業の集積を活かし、機能性膜による水資源確保、大気環境保全、バイオプロダクションによるバイオマス資源からの燃料、化成品生産など、次世代省エネ材料技術や高信頼ICTシステムも組み合わせ、高信頼性・省エネルギー・低環境負荷の安全・安心で経済的な都市インフラを実現する。

地域イノベーション戦略推進地域とは

地域イノベーション戦略推進地域とは、地域イノベーションの創出に向けた地域の主体的かつ優れた構想に対して、文部科学省、経済産業省、農林水産省の3省の施策により、その実現を支援するための取組として、地域の強みや特性を活かしながら、大学等の研究機関の研究段階から事業化に至るまで、産学官等の参画機関が連携して持続的・発展的なイノベーションの創出に取り組む地域を「国際競争力強化地域」又は「研究機能・産業集積高度化地域」に選定するもの。

2. 平成24年度地域イノベーション戦略支援プログラム

「関西ライフイノベーション戦略推進地域」

テーマ: 『関西ライフイノベーション戦略プロジェクト』

概要: 重点領域 (がん・難病治療薬、ワクチン、医療機器、医療技術、健康科学、先制医療、再生医療) での優れた研究シーズを生み出す研究者の集積を進めるとともに、知のネットワークを拡充して、若手の有望研究シーズの発掘機能も高めつつ、産業への「つなぎ」を促進する。このため、産業および医療の視点から様々な支援を行うと同時に、人材育成機能を強化し、高度研究設備や開放型設備・機器の活用を促進して、研究成果実用化の総合的能力を高める。

「ひょうご環境・エネルギーイノベーション・クラスター戦略推進地域」

テーマ: 『革新的膜工学を核とした水ビジネスにおけるグリーンイノベーションの創出』

概要: 今世紀は“水”の世紀と言われ水需要の爆発的拡大が予想される。そのため我が国が得意とする分離膜水処理システムへの期待は極めて大きい。本テーマでは、我が国唯一の膜研究拠点である神戸大学大学院工学研究科・先端膜工学センターを核として国内外の研究者を集積し、兵庫県に集まる大型放射光施設SPring-8やスーパーコンピューター等の世界オンリーワンの科学インフラを活用する革新的分離膜の開発と産業化を推進するグリーンイノベーション拠点を形成する。

地域イノベーション戦略支援プログラムとは

地域イノベーション戦略支援プログラムとは、地域イノベーション戦略推進地域に選定された地域のうち、文部科学省による支援が地域イノベーション戦略の実現へ大きく貢献すると認められる地域に対して、戦略の中核を担う研究者の大学への集積や、戦略実現のための人材育成プログラムの開発・実施等について人件費等を支援するもの。

(研究推進部連携推進課産学官連携グループ)