エコアイデアプレゼン大会2013開催報告 (12月19日)

2013年12月26日

12月19日、神戸大学環境学生調査隊 (神戸大学環境・施設マネジメント委員会公認団体) と環境管理センターが主催する「エコアイデアプレゼン大会2013」が百年記念館六甲ホールにて開催されました。

福田学長との対談 (8月5日) の際に学生が提案して実現したこのイベントは、学生目線からの環境改善活動のアイデアを発表する場を提供することで、学生に大学の環境活動への興味を持ってもらうこと、また優秀なアイデアを採用し、大学が実現に向けた支援を行うことで自らの意見が大学の環境に対して影響力を持つことを自覚してもらうこと、そしてそれらを通じて環境保全活動に参加する学生にインセンティブを与えることを目的として開催されました。

審査員は、下林総務・施設担当理事、西嶋施設部長、瀬恒環境管理センター長、環境サークルエコロの理学部3年三木さん、NPO法人ごみじゃぱんの経済学部4年奥田さんの5名に担当していただき、福田学長をはじめ、総勢40名にのぼる学生や教職員が参加しました。

今回は6名の学生がそれぞれ日頃から考えている「学生目線」のエコアイデアの発表を行いました。非常に現実的なアイデアから学生ならではの斬新なアイデアまで様々なエコアイデアが提案され、それらに関する盛んな意見交換を通じて内容を深めることができました。

審査の結果、最優秀賞として人間発達環境学研究科博士課程後期課程3年近藤洋隆さんの「チラシの電子化による省資源化」、優秀賞として法学部3年福光貴仁さんの「神戸大学No My Car&Bike Day~環境改善意識向上プロジェクト~」、海事科学部1年上原由貴子さんの「Bottle Bar」の二つが選ばれましたが、このほかのアイデアも今後の神戸大学における環境改善活動を一歩前進させられるような魅力的なものばかりで、非常に実りある大会となりました。

 

photo
会場の様子
photo
最優秀賞 近藤洋隆さんの発表の様子
関連リンク

(神戸大学環境学生調査隊)

2013年12月26日