第2回日本・北アフリカ学長会議に出席しました

2012年02月20日

第2回日本・北アフリカ学長会議に出席しました

第2回日本・北アフリカ学長会議が、2月10日~11日に北アフリカ6ヶ国17大学、日本23大学が参加し、筑波で開催されました。神戸大学からは中村千春理事・副学長 (国際交流担当)、三橋紫国際交流推進本部副本部長が出席しました。

「新しい社会づくりにおける大学の役割」をテーマとした会議では、昨年、日本と北アフリカそれぞれが経験した二つの春 (大震災の春、アラブの春) が社会に与えたインパクト等を踏まえつつ、次世代社会を担う人材像とその育成、大学の持つ知的資源の活用、新しい社会づくりに向けた日本・北アフリカ相互連携の可能性等に関する活発な議論が行われました。中村理事は、本学における北アフリカとの具体的な交流実績を紹介するとともに、国際産学連携推進の観点から意見を述べました。

10日には共同声明が発表され、参加者が相互に理解を深め、意識を共有する貴重な機会となった本会議は、二日間にわたるその幕を閉じました。

(国際交流推進本部)