公開講座 大学の地域貢献と農業・農村の再生

公開講座の開設主旨・目的等

教育と研究と並ぶ大学の第3の使命として、社会との連携・協力があります。 神戸大学でも連携創造本部及び地域連携推進室を中心として、 教育・研究活動の推進、人的・物的資源の活用、知的成果の社会への還元に積極的に取り組んでいます。

「農学」は実学であり、特にこのような社会への還元が重要です。地域と農学を結ぶ拠点として、 農学研究科地域連携センターが平成15年度に創設されました。センターは、 地域からの多様なニーズを共同の研究プロジェクトにつなげたり、 農学研究科と地域を結ぶ中間支援機関としての役割を担うことで、 大学が保有する知識や技術を、農山村地域社会の問題解決に積極的に活用し、 地域社会に貢献することを目的として活動しています。

これまでセンターが中心となって、共同研究、セミナー、ワークショップ、 意見交換会などの地域交流を積極的に実施し、社会貢献をすすめてきましたが、 本公開講座では、その一部をご紹介します。また、センターを中心として、 食と農の現場における問題解決に貢献できる実践型人材の育成も行っており、 それについても一部をご紹介します。そして、これらについて、皆様からのご意見をいただき、 今後の活動に活かしていきたいと考えています。

講義日程・題目及び講師

講義日 時間 講義題目 講師
1 9月25日 (土) 13:35~13:45 大学の地域貢献と教育・研究の概況 高田 理 教授
2 13:45~14:15 農業農村フィールド演習の実況中継 宇野 雄一 准教授、
庄司 浩一 講師 他
3 14:15~15:00 丹波の赤じゃがを通じた新ブランド開発 中塚 雅也 助教
4 15:10~15:55 黒豆栽培の新たな展開と課題 杉本 敏男 教授
5 15:55~16:40 生物多様性とコウノトリの農法 伊藤 一幸 教授
連絡先
神戸大学大学院農学研究科総務係
Tel: 078-803-5921
Fax: 078-803-5931
E-mail: ans-soumu@office.kobe-u. ac.jp

※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。