公開講座 博物館資料と戦時徴用船

公開講座の開設主旨・目的等
公開講座のポスター

海事科学研究科が主催する本公開講座は、深江キャンパスに位置する海事博物館と共催で実施します。今回は、「博物館資料から見た戦時徴用船の歴史」をテーマに取り上げ、過去の大戦遂行に海上輸送のために、どれほど多くの人的、財的損失があったかなど実情を学ぶことによって、「平和」の意義を受講生に認識いただきたいと考えています。

本講座の特色としては、海事博物館所蔵の貴重な資料を活用している点、博物館が長年築いてきた独自のネットワークを活かして多彩な講師陣をお招きしている点が挙げられます。

講義日程・題目及び講師

講義日 時間 講義題目 講師
1 10月3日 (土) 13:30 ~ 15:00 “戦時徴傭船の展開と被害の実態解明” 宮本 三夫氏
(財) 日本殉職船員顕彰会推薦海運研究者
2 10月10日 (土) 13:30 ~ 15:00 “沖縄の学童疎開船「対馬丸」” ゆたか はじめ氏
エッセイスト
3 10月17日 (土) 13:30 ~ 15:00 “日本商船隊の壊滅と経緯について” 宮田 幸彦氏
拿捕船研究委員会
4 10月24日 (土) 13:30 ~ 15:00 “海底に見た戦場の現場”
(遭難当時そのままの商船隊の姿)
吉村 朝之氏
(有) アアクエイトテレビ 代表取締役
5 11月7日 (土) 13:30 ~ 15:00 “高砂丸の奇跡とその時代背景” 菊池 寧 氏
(株) 商船三井
広報室社史担当
連絡先
神戸大学海事博物館
Tel・Fax: 078-431-3564
E-mail: siryokan@maritime.kobe-u. ac.jp

※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。