公開講座 マリー・キュリーの考えていたこと

公開講座の開設主旨・目的等

今年2011年は、マリー・キュリーが2回目のノーベル賞を受賞してから100年という記念すべき年です。彼女は国としての独立が許されていなかったポーランドからフランスに渡り、ポロニウムとラジウムという新しい元素を発見しました。レントゲンによるX線の発見やアンリ・ベクレルによるウラン放射能の発見と並んで、それは量子力学と相対性理論に基づく現代自然科学を生み出す端緒となりました。彼女は女性が大学の講義を受けることすら困難であったような社会の中で誰もなし得なかった業績を残すとともに、実の娘もノーベル賞研究者に育て上げるという離れ業を成し遂げてしまいました。また、戦時にあっては、「小キュリー (移動式のX線撮影装置)」を使って何千何万という負傷兵を救ったのでした。この公開講座では、そのようなマリー・キュリーの足跡を訪ね、放射線の基礎とその発見が生み出した最新の科学を講義と実験を通じて学ぶことができます。

彼女は女性でした。女性が科学の領域で活動しにくい現状は100年経っても変わっていません。男女共同参画の視点から、今の大学と社会に必要なものが何であるのかを一緒に考えたいと思います。この公開講座は、この100年間をマリー・キュリーの視点から振り返り、科学のあり方や核エネルギー利用の成果と限界について、この21世紀を生きる私達が考えるに際して、しっかりと落ち着いた視点を得るための基礎を提供します。

講義日程・題目及び講師

講義日 時間 講義題目 講師
1 8月10日 (水) 09:30 ~ 10:30 マリー・キュリーの足跡をたずねて 山内 知也 教授
2 10:30 ~ 15:00
*
キュリーと放射線被ばく (講義と実験A) 小田 啓二 教授
3 10:30 ~ 15:00
*
現代の加速器・放射線利用 (講義と実験B) 北村 晃 教授
4 15:10 ~ 17:00
**
チャンスの女神の前髪を掴もう! 三木 久美子
日本大学生産工学部
准教授
* 2班に別れてそれぞれ昼食を挟んで講座2と3、又は、講座3と2を実施します。 実験A:霧箱作製とアルファ線がつくる飛跡の観察 実験B:静電加速器を使った粒子線励起X線 (PIXE) 分析
** およそ50分の講演後にパネルディスカッションを行います。
連絡先
神戸大学大学院海事科学研究科総務係  
Tel: 078-431-6206
Fax: 078-431-6355
E-mail: gmsc-soumu@office.kobe-u. ac.jp

※メールアドレスの一部 (ac.jp の前など) には、アドレス収集ロボット対策として半角スペースが挿入されております。メールアドレスご使用の際には、適宜修正願います。