国際人権規約【社会権規約】(抄)

第一部 国際人権

国際人権規約

1 経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約 (社会権規約) (抄) International Covenant on Economic, Social and Cultural Rights
採択 1966年12月16日 (国連第21回総会)
効力発生 1976年1月3日
日本国 1979年9月21日
(78年5月30日署名、79年6月6日国会承認、6月21日批准書寄託、8月4日公布・条約6号)
Adopted and opened for signature, ratification and accession by General Assembly resolution 2200 A (XXI) of 16 December 1966
ENTRY INTO FORCE: 3 January 1976, in accordance with article 27
  PREAMBLE

この規約の締約国は、

国際連合憲章において宣明された原則によれば、 人類社会のすべての構成員の固有の尊厳及び平等のかつ奪い得ない権利を認めることが世界における自由、 正義及び平和の基礎をなすものであることを考慮し、

これらの権利が人間の固有の尊厳に由来することを認め、

世界人権宣言によれば、自由な人間は恐怖及び欠乏からの自由を享受するものであるとの理想は、 すべての者がその市民的及び政治的権利とともに経済的、 社会的及び文化的権利を享有することのできる条件が作り出される場合に初めて達成されることになることを認め、

人権及び自由の普遍的な尊重及び遵守を助長すべき義務を国際連合憲章に基づき諸国が負つていることを考慮し、

個人が、他人に対し及びその属する社会に対して義務を負うこと並びにこの規約において認められる権利の増進及び擁護のために努力する責任を有することを認識して、

次のとおり協定する。

The States Parties to the present Covenant,

Considering that, in accordance with the principles proclaimed in the Charter of the United Nations, recognition of the inherent dignity and of the equal and inalienable rights of all members of the human family is the foundation of freedom, justice and peace in the world,

Recognizing that these rights derive from the inherent dignity of the human person,

Recognizing that, in accordance with the Universal Declaration of Human Rights, the ideal of free human beings enjoying freedom from fear and want can only be achieved if conditions are created whereby everyone may enjoy his economic, social and cultural rights, as well as his civil and political rights,

Considering the obligation of States under the Charter of the United Nations to promote universal respect for, and observance of, human rights and freedoms,

Realizing that the individual, having duties to other individuals and to the community to which he belongs, is under a responsibility to strive for the promotion and observance of the rights recognized in the present Covenant,

Agree upon the following articles:

第1部 PART I
第1条【人民の自決の権利】 Article 1
  1. すべての人民は、自決の権利を有する。この権利に基づき、すべての人民は、 その政治的地位を自由に決定し並びにその経済的、社会的及び文化的発展を自由に追求する。
  2. すべての人民は、互恵の原則に基づく国際的経済協力から生ずる義務及び国際法上の義務に違反しない限り、 自己のためにその天然の富及び資源を自由に処分することができる。人民は、いかなる場合にも、 その生存のための手段を奪われることはない。
  3. この規約の締約国 (非自治地域及び信託統治地域の施政の責任を有する国を含む。) は、 国際連合憲章の規定に従い、自決の権利が実現されることを促進し及び自決の権利を尊重する。
  1. All peoples have the right of self-determination. By virtue of that right they freely determine their political status and freely pursue their economic, social and cultural development.
  2. All peoples may, for their own ends, freely dispose of their natural wealth and resources without prejudice to any obligations arising out of international economic co-operation, based upon the principle of mutual benefit, and international law. In no case may a people be deprived of its own means of subsistence.
  3. The States Parties to the present Covenant, including those having responsibility for the administration of Non-Self-Governing and Trust Territories, shall promote the realization of the right of self-determination, and shall respect that right, in conformity with the provisions of the Charter of the United Nations.
第2部 PART II
第2条【締約国の実施義務】 Article 2
  1. この規約の各締約国は、 立法措置その他のすべての適当な方法によりこの規約において認められる権利の完全な実現を漸進的に達成するため、 自国における利用可能な手段を最大限に用いることにより、個々に又は国際的な援助及び協力、特に、 経済上及び技術上の援助及び協力を通じて、行動をとることを約束する。
  2. この規約の締約国は、この規約に規定する権利が人種、皮膚の色、性、言語、宗教、政治的意見その他の意見、 国民的若しくは社会的出身、財産、出生又は他の地位によるいかなる差別もなしに行使されることを保障することを約束する。
  3. 開発途上にある国は、人権及び自国の経済の双方に十分な考慮を払い、 この規約において認められる経済的権利をどの程度まで外国人に保障するかを決定することができる。
  1. Each State Party to the present Covenant undertakes to take steps, individually and through international assistance and co-operation, especially economic and technical, to the maximum of its available resources, with a view to achieving progressively the full realization of the rights recognized in the present Covenant by all appropriate means, including particularly the adoption of legislative measures.
  2. The States Parties to the present Covenant undertake to guarantee that the rights enunciated in the present Covenant will be exercised without discrimination of any kind as to race, colour, sex, language, religion, political or other opinion, national or social origin, property, birth or other status.
  3. Developing countries, with due regard to human rights and their national economy, may determine to what extent they would guarantee the economic rights recognized in the present Covenant to non-nationals.
第3条【男女の平等】 Article 3

この規約の締約国は、この規約に定めるすべての経済的、 社会的及び文化的権利の享有について男女に同等の権利を確保することを約束する。

The States Parties to the present Covenant undertake to ensure the equal right of men and women to the enjoyment of all economic, social and cultural rights set forth in the present Covenant.

第4条【公共の福祉】 Article 4

この規約の締約国は、この規約に合致するものとして国により確保される権利の享受に関し、 その権利の性質と両立しており、かつ、民主的社会における一般的福祉を増進することを目的としている場合に限り、 法律で定める制限のみをその権利に課することができることを認める。

The States Parties to the present Covenant recognize that, in the enjoyment of those rights provided by the State in conformity with the present Covenant, the State may subject such rights only to such limitations as are determined by law only in so far as this may be compatible with the nature of these rights and solely for the purpose of promoting the general welfare in a democratic society.

第5条【保護の基準】 Article 5
  1. この規約のいかなる規定も、国、集団又は個人が、 この規約において認められる権利若しくは自由を破壊し若しくはこの規約に定める制限の範囲を超えて制限することを目的とする活動に従事し又はそのようなことを目的とする行為を行う権利を有することを意味するものと解することはできない。
  2. いずれかの国において法律、条約、規則又は慣習によつて認められ又は存する基本的人権については、 この規約がそれらの権利を認めていないこと又はその認める範囲がより狭いことを理由として、 それらの権利を制限し又は侵すことは許されない。
  1. Nothing in the present Covenant may be interpreted as implying for any State, group or person any right to engage in any activity or to perform any act aimed at the destruction of any of the rights or freedoms recognized herein, or at their limitation to a greater extent than is provided for in the present Covenant.
  2. No restriction upon or derogation from any of the fundamental human rights recognized or existing in any country in virtue of law, conventions, regulations or custom shall be admitted on the pretext that the present Covenant does not recognize such rights or that it recognizes them to a lesser extent.
第3部 PART III
第6条【労働の権利】 Article 6
  1. この規約の締約国は、労働の権利を認めるものとし、この権利を保障するため適当な措置をとる。この権利には、 すべての者が自由に選択し又は承諾する労働によつて生計を立てる機会を得る権利を含む。
  2. この規約の締約国が 1 の権利の完全な実現を達成するためとる措置には、 個人に対して基本的な政治的及び経済的自由を保障する条件の下で着実な経済的、 社会的及び文化的発展を実現し並びに完全かつ生産的な雇用を達成するための技術及び職業の指導及び訓練に関する計画、 政策及び方法を含む。
  1. The States Parties to the present Covenant recognize the right to work, which includes the right of everyone to the opportunity to gain his living by work which he freely chooses or accepts, and will take appropriate steps to safeguard this right.
  2. The steps to be taken by a State Party to the present Covenant to achieve the full realization of this right shall include technical and vocational guidance and training programmes, policies and techniques to achieve steady economic, social and cultural development and full and productive employment under conditions safeguarding fundamental political and economic freedoms to the individual.
第7条【労働条件】 Article 7

この規約の締約国は、すべての者が公正かつ良好な労働条件を享受する権利を有することを認める。この労働条件は、 特に次のものを確保する労働条件とする。

  • (a) すべての労働者に最小限度次のものを与える報酬
    • (i) 公正な賃金及びいかなる差別もない同一価値の労働についての同一報酬。特に、 女子については、同一の労働についての同一報酬とともに男子が享受する労働条件に劣らない労働条件が保障されること。
    • (ii) 労働者及びその家族のこの規約に適合する相応な生活
  • (b) 安全かつ健康的な作業条件
  • (c) 先任及び能力以外のいかなる事由も考慮されることなく、 すべての者がその雇用関係においてより高い適当な地位に昇進する均等な機会
  • (d) 休息、余暇、労働時間の合理的な制限及び定期的な有給休暇並びに公の休日についての報酬

The States Parties to the present Covenant recognize the right of everyone to the enjoyment of just and favourable conditions of work which ensure, in particular:

  • (a) Remuneration which provides all workers, as a minimum, with:
    • (i) Fair wages and equal remuneration for work of equal value without distinction of any kind, in particular women being guaranteed conditions of work not inferior to those enjoyed by men, with equal pay for equal work;
    • (ii) A decent living for themselves and their families in accordance with the provisions of the present Covenant;
  • (b) Safe and healthy working conditions;
  • (c) Equal opportunity for everyone to be promoted in his employment to an appropriate higher level, subject to no considerations other than those of seniority and competence;
  • (d) Rest, leisure and reasonable limitation of working hours and periodic holidays with pay, as well as remuneration for public holidays.
第8条【団結権、ストライキ権】 Article 8
  1. この規約の締約国は、次の権利を確保することを約束する。
    • (a) すべての者がその経済的及び社会的利益を増進し及び保護するため、 労働組合を結成し及び当該労働組合の規則にのみ従うことを条件として自ら選択する労働組合に加入する権利。 この権利の行使については、法律で定める制限であつて国の安全若しくは公の秩序のため又は他の者の権利及び自由の保護のため民主的社会において必要なもの以外のいかなる制限も課することができない。
    • (b) 労働組合が国内の連合又は総連合を設立する権利及びこれらの連合又は総連合が国際的な労働組合団体を結成し又はこれに加入する権利
    • (c) 労働組合が、法律で定める制限であつて国の安全若しくは公の秩序のため又は他の者の権利及び自由の保護のため民主的社会において必要なもの以外のいかなる制限も受けることなく、 自由に活動する権利
    • (d) 向盟罷業をする権利。ただし、この権利は、各国の法律に従つて行使されることを条件とする。
  2. この条の規定は、軍隊若しくは警察の構成員又は公務員による 1 の権利の行使について合法的な制限を課することを妨げるものではない。
  3. この条のいかなる規定も、結社の自由及び団結権の保護に関する1948年の国際労働機関の条約の締約国が、 同条約に規定する保障を阻害するような立法措置を講ずること又は同条約に規定する保障を阻害するような方法により法律を適用することを許すものではない。
  1. The States Parties to the present Covenant undertake to ensure:
    • (a) The right of everyone to form trade unions and join the trade union of his choice, subject only to the rules of the organization concerned, for the promotion and protection of his economic and social interests. No restrictions may be placed on the exercise of this right other than those prescribed by law and which are necessary in a democratic society in the interests of national security or public order or for the protection of the rights and freedoms of others;
    • (b) The right of trade unions to establish national federations or confederations and the right of the latter to form or join international trade-union organizations;
    • (c) The right of trade unions to function freely subject to no limitations other than those prescribed by law and which are necessary in a democratic society in the interests of national security or public order or for the protection of the rights and freedoms of others;
    • (d) The right to strike, provided that it is exercised in conformity with the laws of the particular country.
  2. This article shall not prevent the imposition of lawful restrictions on the exercise of these rights by members of the armed forces or of the police or of the administration of the State.
  3. Nothing in this article shall authorize States Parties to the International Labour Organisation Convention of 1948 concerning Freedom of Association and Protection of the Right to Organize to take legislative measures which would prejudice, or apply the law in such a manner as would prejudice, the guarantees provided for in that Convention.
第9条【社会保障】 Article 9

この規約の締約国は、社会保険その他の社会保障についてのすべての者の権利を認める。

The States Parties to the present Covenant recognize the right of everyone to social security, including social insurance.

第10条【家族、母親、児童に対する保護】 Article 10

この規約の締約国は、次のことを認める。

  1. できる限り広範な保護及び援助が、社会の自然かつ基礎的な単位である家族に対し、特に、 家族の形成のために並びに扶養児童の養育及び教育について責任を有する間に、与えられるべきである。婚姻は、 両当事者の自由な合意に基づいて成立するものでなければならない。
  2. 産前産後の合理的な期間においては、特別な保護が母親に与えられるべきである。働いている母親には、 その期間において、有給休暇又は相当な社会保障給付を伴う休暇が与えられるべきである。
  3. 保護及び援助のための特別な措置が、出生その他の事情を理由とするいかなる差別もなく、 すべての児童及び年少者のためにとられるべきである。児童及び年少者は、 経済的及び社会的な搾取から保護されるべきである。児童及び年少者を、その精神若しくは健康に有害であり、 その生命に危険があり又はその正常な発育を妨げるおそれのある労働に使用することは、法律で処罰すべきである。また、 国は、年齢による制限を定め、その年齢に達しない児童を賃金を支払つて使用することを法律で禁止しかつ処罰すべきである。

The States Parties to the present Covenant recognize that:

  1. The widest possible protection and assistance should be accorded to the family, which is the natural and fundamental group unit of society, particularly for its establishment and while it is responsible for the care and education of dependent children. Marriage must be entered into with the free consent of the intending spouses.
  2. Special protection should be accorded to mothers during a reasonable period before and after childbirth. During such period working mothers should be accorded paid leave or leave with adequate social security benefits.
  3. Special measures of protection and assistance should be taken on behalf of all children and young persons without any discrimination for reasons of parentage or other conditions. Children and young persons should be protected from economic and social exploitation. Their employment in work harmful to their morals or health or dangerous to life or likely to hamper their normal development should be punishable by law. States should also set age limits below which the paid employment of child labour should be prohibited and punishable by law.
第11条【生活水準及び食糧の確保】 Article 11
  1. この規約の締約国は、自己及びその家族のための相当な食糧、 衣類及び住居を内容とする相当な生活水準についての並びに生活条件の不断の改善についてのすべての者の権利を認める。 締約国は、この権利の実現を確保するために適当な措置をとり、このためには、 自由な合意に基づく国際協力が極めて重要であることを認める。
  2. この規約の締約国は、すべての者が飢餓から免れる基本的な権利を有することを認め、 個々に及び国際協力を通じて、次の目的のため、具体的な計画その他の必要な措置をとる。
    • (a) 技術的及び科学的知識を十分に利用することにより、 栄養に関する原則についての知識を普及させることにより並びに天然資源の最も効果的な開発及び利用を達成するように農地制度を発展させ又は改革することにより、 食糧の生産、保存及び分配の方法を改善すること。
    • (b) 食糧の輸入国及び輸出国の双方の問題に考慮を払い、需要との関連において世界の食糧の供給の衡平な分配を確保すること。
  1. The States Parties to the present Covenant recognize the right of everyone to an adequate standard of living for himself and his family, including adequate food, clothing and housing, and to the continuous improvement of living conditions. The States Parties will take appropriate steps to ensure the realization of this right, recognizing to this effect the essential importance of international co-operation based on free consent.
  2. The States Parties to the present Covenant, recognizing the fundamental right of everyone to be free from hunger, shall take, individually and through international co-operation, the measures, including specific programmes, which are needed:
    • (a) To improve methods of production, conservation and distribution of food by making full use of technical and scientific knowledge, by disseminating knowledge of the principles of nutrition and by developing or reforming agrarian systems in such a way as to achieve the most efficient development and utilization of natural resources;
    • (b) Taking into account the problems of both food-importing and food-exporting countries, to ensure an equitable distribution of world food supplies in relation to need.
第12条【生活水準及び食糧の確保】 Article 12
  1. この規約の締約国は、すべての者が到達可能な最高水準の身体及び精神の健康を享受する権利を有することを認める。
  2. この規約の締約国が 1 の権利の完全な実現を達成するためにとる措置には、次のことに必要な措置を含む。
    • (a) 死産率及び幼児の死亡率を低下させるための並びに児童の健全な発育のための対策
    • (b) 環境衛生及び産業衛生のあらゆる状態の改善
    • (c) 伝染病、風土病、職業病その他の疾病の予防、治療及び抑圧
    • (d) 病気の場合にすべての者に医療及び看護を確保するような条件の創出
  1. The States Parties to the present Covenant recognize the right of everyone to the enjoyment of the highest attainable standard of physical and mental health.
  2. The steps to be taken by the States Parties to the present Covenant to achieve the full realization of this right shall include those necessary for:
    • (a) The provision for the reduction of the stillbirth-rate and of infant mortality and for the healthy development of the child;
    • (b) The improvement of all aspects of environmental and industrial hygiene;
    • (c) The prevention, treatment and control of epidemic, endemic, occupational and other diseases;
    • (d) The creation of conditions which would assure to all medical service and medical attention in the event of sickness.
第13条【教育に対する権利】 Article 13
  1. この規約の締約国は、教育についてのすべての者の権利を認める。締約国は、 教育が人格の完成及び人格の尊厳についての意識の十分な発達を指向し並びに人権及び基本的自由の尊重を強化すべきことに同意する。 更に、締約国は、教育が、すべての者に対し、自由な社会に効果的に参加すること、 諸国民の間及び人種的、種族的又は宗教的集団の間の理解、 寛容及び友好を促進すること並びに平和の維持のための国際連合の活動を助長することを可能にすべきことに同意する。
  2. この規約の締約国は、1 の権利の完全な実現を達成するため、次のことを認める。
    • (a) 初等教育は、義務的なものとし、すべての者に対して無償のものとすること。
    • (b) 種々の形態の中等教育 (技術的及び職業的中等教育を含む。) は、すべての適当な方法により、特に、 無償教育の漸進的な導入により、一般的に利用可能であり、かつ、すべての者に対して機会が与えられるものとすること。
    • (c) 高等教育は、すべての適当な方法により、特に、無償教育の漸進的な導入により、能力に応じ、 すべての者に対して均等に機会が与えられるものとすること。
    • (d) 基礎教育は、初等教育を受けなかつた者又はその全課程を修了しなかつた者のため、 できる限り奨励され又は強化されること。
    • (e) すべての段階にわたる学校制度の発展を積極的に追求し、 適当な奨学金制度を設立し及び教育職員の物質的条件を不断に改善すること。
  • この規約の締約国は、父母及び場合により法定保護者が、 公の機関によつて設置される学校以外の学校であつて国によつて定められ又は承認される最低限度の教育上の基準に適合するものを児童のために選択する自由並びに自己の信念に従つて児童の宗教的及び道徳的教育を確保する自由を有することを尊重することを約束する。
  • この条のいかなる規定も、個人及び団体が教育機関を設置し及び管理する自由を妨げるものと解してはならない。ただし、 常に、1 に定める原則が遵守されること及び当該教育機関において行われる教育が国によつて定められる最低限度の基準に適合することを条件とする。
  1. The States Parties to the present Covenant recognize the right of everyone to education. They agree that education shall be directed to the full development of the human personality and the sense of its dignity, and shall strengthen the respect for human rights and fundamental freedoms. They further agree that education shall enable all persons to participate effectively in a free society, promote understanding, tolerance and friendship among all nations and all racial, ethnic or religious groups, and further the activities of the United Nations for the maintenance of peace.
  2. The States Parties to the present Covenant recognize that, with a view to achieving the full realization of this right:
    • (a) Primary education shall be compulsory and available free to all;
    • (b) Secondary education in its different forms, including technical and vocational secondary education, shall be made generally available and accessible to all by every appropriate means, and in particular by the progressive introduction of free education;
    • (c) Higher education shall be made equally accessible to all, on the basis of capacity, by every appropriate means, and in particular by the progressive introduction of free education;
    • (d) Fundamental education shall be encouraged or intensified as far as possible for those persons who have not received or completed the whole period of their primary education;
    • (e) The development of a system of schools at all levels shall be actively pursued, an adequate fellowship system shall be established, and the material conditions of teaching staff shall be continuously improved.
  • The States Parties to the present Covenant undertake to have respect for the liberty of parents and, when applicable, legal guardians to choose for their children schools, other than those established by the public authorities, which conform to such minimum educational standards as may be laid down or approved by the State and to ensure the religious and moral education of their children in conformity with their own convictions.
  • No part of this article shall be construed so as to interfere with the liberty of individuals and bodies to establish and direct educational institutions, subject always to the observance of the principles set forth in paragraph 1 of this article and to the requirement that the education given in such institutions shall conform to such minimum standards as may be laid down by the State.
第14条【無償の初等義務教育】 Article 14

この規約の締約国となる時にその本土地域又はその管轄の下にある他の地域において無償の初等義務教育を確保するに至つていない各締約国は、 すべての者に対する無償の義務教育の原則をその計画中に定める合理的な期間内に漸進的に実施するための詳細な行動計画を2年以内に作成しかつ採用することを約束する。

Each State Party to the present Covenant which, at the time of becoming a Party, has not been able to secure in its metropolitan territory or other territories under its jurisdiction compulsory primary education, free of charge, undertakes, within two years, to work out and adopt a detailed plan of action for the progressive implementation, within a reasonable number of years, to be fixed in the plan, of the principle of compulsory education free of charge for all.

第15条【科学及び文化に関する権利】 Article 15
  1. この規約の締約国は、すべての者の次の権利を認める。
    • (a) 文化的な生活に参加する権利
    • (b) 科学の進歩及びその利用による利益を享受する権利
    • (c) 自己の科学的、文学的又は芸術的作品により生ずる精神的及び物質的利益が保護されることを享受する権利
  2. この規約の線的国が 1 の権利の完全な実現を達成するためにとる措置には、科学及び文化の保存、 発展及び普及に必要な措置を含む。
  3. この規約の締約国は、科学研究及び創作活動に不可欠な自由を尊重することを約束する。
  4. この規約の締約国は、科学及び文化の分野における国際的な連絡及び協力を奨励し及び発展させることによつて得られる利益を認める。
  1. The States Parties to the present Covenant recognize the right of everyone:
    • (a) To take part in cultural life;
    • (b) To enjoy the benefits of scientific progress and its applications;
    • (c) To benefit from the protection of the moral and material interests resulting from any scientific, literary or artistic production of which he is the author.
  2. The steps to be taken by the States Parties to the present Covenant to achieve the full realization of this right shall include those necessary for the conservation, the development and the diffusion of science and culture.
  3. The States Parties to the present Covenant undertake to respect the freedom indispensable for scientific research and creative activity.
  4. The States Parties to the present Covenant recognize the benefits to be derived from the encouragement and development of international contacts and co-operation in the scientific and cultural fields.