国際人権規約【自由権規約】(抄)

第一部 国際人権

国際人権規約

2 市民的及び政治的権利に関する国際規約 (抄) International Covenant on Civil and Political Rights
採択 1966年12月16日 (国連第21回総会)
効力発生 1976年3月23日
日本国 1979年9月21日
(78年5月30日署名、79年6月6日国会承認、6月21日批准書寄託、8月4日公布・条約7号)
Adopted and opened for signature, ratification and accession by General Assembly resolution 2200 A (XXI) of 16 December 1966
ENTRY INTO FORCE: 23 March 1976, in accordance with article 49
  PREAMBLE

この規約の締約国は、

国際連合憲章において宣明された原則によれば、 人類社会のすべての構成員の固有の尊厳及び平等のかつ奪い得ない権利を認めることが世界における自由、 正義及び平和の基礎をなすものであることを考慮し、

これらの権利が人間の固有の尊厳に由来することを認め、

世界人権宣言によれば、自由な人間は市民的及び政治的自由並びに恐怖及び欠乏からの自由を享受するものであるとの理想は、 すべての者がその経済的、社会的及び文化的権利とともに市民的及び政治的権利を享有することのできる条件が作り出される場合に初めて達成されることになることを認め、

人権及び自由の普遍的な尊重及び遵守を助長すべき義務を国際連合憲章に基づき諸国が負つていることを考慮し、

個人が、他人に対し及びその属する社会に対して義務を負うこと並びにこの規約において認められる権利の増進及び擁護のために努力する責任を有することを認識して、

次のとおり協定する。

The States Parties to the present Covenant,

Considering that, in accordance with the principles proclaimed in the Charter of the United Nations, recognition of the inherent dignity and of the equal and inalienable rights of all members of the human family is the foundation of freedom, justice and peace in the world.

Recognizing that these rights derive from the inherent dignity of the human person,

Recognizing that, in accordance with the Universal Declaration of Human Rights, the ideal of free human beings enjoying civil and political freedom and freedom from fear and want can only be achieved if conditions are created whereby everyone may enjoy his civil and political rights, as well as his economic, social and cultural rights.

Considering the obligation of States under the Charter of the United Nations to promote universal respect for, and observance of, human rights and freedoms,

Realizing that the individual, having duties to other individuals and to the community to which he belongs, is under a responsibility to strive for the promotion and observance of the rights recognized in the present Covenant,

Agree upon the following articles:

第1部 PART I
第1条【人民の自決の権利】 Article 1
  1. すべての人民は、自決の権利を有する。この権利に基づき、すべての人民は、 その政治的地位を自由に決定し並びにその経済的、社会的及び文化的発展を自由に追求する。
  2. すべての人民は、互恵の原則に基づく国際的経済協力から生ずる義務及び国際法上の義務に違反しない限り、 自己のためにその天然の富及び資源を自由に処分することができる。人民は、いかなる場合にも、 その生存のための手段を奪われることはない。
  3. この規約の締約国 (非自治地域及び信託統治地域の施政の責任を有する国を含む。) は、 国際連合憲章の規定に従い、自決の権利が実現されることを促進し及び自決の権利を尊重する。
  1. All peoples have the right of self-determination. By virtue of that right they freely determine their political status and freely pursue their economic, social and cultural development.
  2. All peoples may, for their own ends, freely dispose of their natural wealth and resources without prejudice to any obligations arising out of international economic co-operation, based upon the principle of mutual benefit, and international law. In no case may a people be deprived of its own means of subsistence.
  3. The States Parties to the present Covenant, including those having responsibility for the administration of Non-Self-Governing and Trust Territories, shall promote the realization of the right of self-determination, and shall respect that right, in conformity with the provisions of the Charter of the United Nations.
第2部 PART 2
第2条【締約国の実施義務】 Article 2
  1. この規約の各締約国は、その領域内にあり、かつ、その管轄の下にあるすべての個人に対し、人種、皮膚の色、性、 言語、宗教、政治的意見その他の意見、国民的若しくは社会的出身、財産、 出生又は他の地位等によるいかなる差別もなしにこの規約において認められる権利を尊重し及び確保することを約束する。
  2. この規約の各締約国は、立法措置その他の措置がまだとられていない場合には、 この規約において認められる権利を実現するために必要な立法措置その他の措置をとるため、 自国の憲法上の手続及びこの規約の規定に従つて必要な行動をとることを約束する。
  3. この規約の各締約国は、次のことを約束する。
    1. (a) この規約において認められる権利又は自由を侵害された者が、 公的資格で行動する者によりその侵害が行われた場合にも、効果的な救済措置を受けることを確保すること。
    2. (b) 救済措置を求める者の権利が権限のある司法上、 行政上若しくは立法上の機関又は国の法制で定める他の権限のある機関によつて決定されることを確保すること及び司法上の救済措置の可能性を発展させること。
    3. (c) 救済措置が与えられる場合に権限のある機関によつて執行されることを確保すること。
  1. Each State Party to the present Covenant undertakes to respect and to ensure to all individuals within its territory and subject to its jurisdiction the rights recognized in the present Covenant, without distinction of any kind, such as race, colour, sex, language, religion, political or other opinion, national or social origin, property, birth or other status.
  2. Where not already provided for by existing legislative or other measures, each State Party to the present Covenant undertakes to take the necessary steps, in accordance with its constitutional processes and with the provisions of the present Covenant, to adopt such legislative or other measures as may be necessary to give effect to the rights recognized in the present Covenant.
  3. Each State Party to the present Covenant undertakes:
    1. (a) To ensure that any person whose rights or freedoms as herein recognized are violated shall have an effective remedy, notwithstanding that the violation has been committed by persons acting in an official capacity;
    2. (b) To ensure that any person claiming such a remedy shall have his right thereto determined by competent judicial, administrative or legislative authorities, or by any other competent authority provided for by the legal system of the State, and to develop the possibilities of judicial remedy;
    3. (c) To ensure that the competent authorities shall enforce such remedies when granted.
第3条【男女の平等】 Article 3

この規約の締約国は、 この規約に定めるすべての市民的及び政治的権利の享有について男女に同等の権利を確保することを約束する。

The States Parties to the present Covenant undertake to ensure the equal right of men and women to the enjoyment of all civil and political rights set forth in the present Covenant.

第4条【非常事態における例外】 Article 4
  1. 国民の生存を脅かす公の緊急事態の場合においてその緊急事態の存在が公式に宣言されているときは、 この規約の締約国は、事態の緊急性が真に必要とする限度において、この規約に基づく義務に違反する措置をとることができる。 ただし、その措置は、当該締約国が国際法に基づき負う他の義務に抵触してはならず、また、人種、皮膚の色、性、言語、 宗教又は社会的出身のみを理由とする差別を含んではならない。
  2. 1 の規定は、第6条、第7条、第8条1 及び 2、第11条、第15条、第16条並びに第18条の規定に違反することを許すものではない。
  3. 義務に違反する措置をとる権利を行使するこの規約の締約国は、 違反した規定及び違反するに至つた理由を国際連合事務総長を通じてこの規約の他の締約国に直ちに通知する。更に、 違反が終了する日に、同事務総長を通じてその旨通知する。
  1. In time of public emergency which threatens the life of the nation and the existence of which is officially proclaimed, the States Parties to the present Covenant may take measures derogating from their obligations under the present Covenant to the extent strictly required by the exigencies of the situation, provided that such measures are not inconsistent with their other obligations under international law and do not involve discrimination solely on the ground of race, colour, sex, language, religion or social origin.
  2. No derogation from articles 6, 7, 8 (paragraphs 1 and 2), 11, 15, 16 and 18 may be made under this provision.
  3. Any State Party to the present Covenant availing itself of the right of derogation shall immediately inform the other States Parties to the present Covenant, through the intermediary of the Secretary General of the United Nations, of the provisions from which it has derogated and of the reasons by which it was actuated. A further communication shall be made, through the same intermediary, on the date on which it terminates such derogation.
第5条【保護の基準】 Article 5
  1. この規約のいかなる規定も、国、集団又は個人が、 この規約において認められる権利及び自由を破壊し若しくはこの規約に定める制限の範囲を超えて制限することを目的とする活動に従事し又はそのようなことを目的とする行為を行う権利を有することを意味するものと解することはできない。
  2. この規約のいずれかの締約国において法律、条約、規則又は慣習によつて認められ又は存する基本的人権については、 この規約がそれらの権利を認めていないこと又はその認める範囲がより狭いことを理由として、 それらの権利を制限し又は侵してはならない。
  1. Nothing in the present Covenant may be interpreted as implying for any State, group or person any right to engage in any activity or perform any act aimed at the destruction of any of the rights and freedoms recognized herein or at their limitation to a greater extent than is provided for in the present Covenant.
  2. There shall be no restriction upon or derogation from any of the fundamental human rights recognized or existing in any State Party to the present Covenant pursuant to law, conventions, regulations or custom on the pretext that the present Covenant does not recognize such rights or that it recognizes them to a lesser extent.
第3部 PART III
第6条【生命に対する権利及び死刑】 Article 6
  1. すべての人間は、生命に対する固有の権利を有する。この権利は、法律によつて保護される。何人も、 恣意的にその生命を奪われない。
  2. 死刑を廃止していない国においては、死刑は、犯罪が行われた時に効力を有しており、かつ、 この規約の規定及び集団殺害犯罪の防止及び処罰に関する条約の規定に抵触しない法律により、 最も重大な犯罪についてのみ科することができる。この刑罰は、 権限のある裁判所が言い渡した確定判決によつてのみ執行することができる。
  3. 生命の剥奪が集団殺害犯罪を構成する場合には、この条のいかなる規定も、 この規約の締約国が集団殺害犯罪の防止及び処罰に関する条約の規定に基づいて負う義務を方法のいかんを問わず免れることを許すものではないと了解する。
  4. 死刑を言い渡されたいかなる者も、特赦又は減刑を求める権利を有する。死刑に村する大赦、特赦又は減刑は、 すべての場合に与えることができる。
  5. 死刑は、18歳未満の者が行つた犯罪について科してはならず、また、妊娠中の女子に対して執行してはならない。
  6. この条のいかなる規定も、この規約の締約国により死刑の廃止を遅らせ又は妨げるために援用されてはならない。
  1. Every human being has the inherent right to life.This right shall be protected by law. No one shall be arbitrarily deprived of his life.
  2. In countries which have not abolished the death penalty, sentence of death may be imposed only for the most serious crimes in accordance with the law in force at the time of the commission of the crime and not contrary to the provisions of the present Covenant and to the Convention on the Prevention and Punishment of the Crime of Genocide. This penalty can only be carried out pursuant to a final judgement rendered by a competent court.
  3. When deprivation of life constitutes the crime of genocide, it is understood that nothing in this article shall authorize any State Party to the present Covenant to derogate in any way from any obligation assumed under the provisions of the Convention on the Prevention and Punishment of the Crime of Genocide.
  4. Anyone sentenced to death shall have the right to seek pardon or commutation of the sentence.
  5. Sentence of death shall not be imposed for crimes committed by persons below eighteen years of age and shall not be carried out on pregnant women.
  6. Nothing in this article shall be invoked to delay or to prevent the abolition of capital punishment by any State Party to the present Covenant.
第7条【拷問又は残虐な刑の禁止】 Article 7

何人も、拷問又は残虐な、 非人道的な若しくは品位を傷つける取扱い若しくは刑罰を受けない。特に、何人も、 その自由な同意なしに医学的又は科学的実験を受けない。

No one shall be subjected to torture or to cruel, inhuman or degrading treatment or punishment. In particular, no one shall be subjected without his free consent to medical or scientific experimentation.

第8条【奴隷及び強制労働の禁止】 Article 8
  1. 何人も、奴隷の状態に置かれない。あらゆる形態の奴隷制度及び奴隷取引は、禁止する。
  2. 何人も、隷属状態に置かれない。
  3. 3(a) 何人も、強制労働に服することを要求されない。
    (b) (a) の規定は、犯罪に対する刑罰として強制労働を伴う拘禁刑を科することができる国において、 権限のある裁判所による刑罰の言渡しにより強制労働をさせることを禁止するものと解してはならない。
    (c) この 3 の規定の適用上、「強制労働」には、次のものを含まない。
    • (i) 作業又は役務であつて、(b) の規定において言及されておらず、かつ、 裁判所の合法的な命令によつて抑留されている者又はその抑留を条件付きで免除されている者に通常要求されるもの
    • (ii) 軍事的性質の役務及び、良心的兵役拒否が認められている国においては、 良心的兵役拒否者が法律によつて要求される国民的役務
    • (iii) 社会の存立又は福祉を脅かす緊急事態又は災害の場合に要求される役務
    • (iv) 市民としての通常の義務とされる作業又は役務
  1. No one shall be held in slavery; slavery and the slave-trade in all their forms shall be prohibited.
  2. No one shall be held in servitude.
  3. 3.(a) No one shall be required to perform forced or compulsory labour;
    (b) Paragraph 3 (a) shall not be held to preclude, in countries where imprisonment with hard labour may be imposed as a punishment for a crime, the performance of hard labour in pursuance of a sentence to such punishment by a competent court;
    (c) For the purpose of this paragraph the term "forced or compulsory labour" shall not include:
    • (i) Any work or service, not referred to in subparagraph (b), normally required of a person who is under detention in consequence of a lawful order of a court, or of a person during conditional release from such detention;
    • (ii) Any service of a military character and, in countries where conscientious objection is recognized, any national service required by law of conscientious objectors;
    • (iii) Any service exacted in cases of emergency or calamity threatening the life or well-being of the community;
    • (iv) Any work or service which forms part of normal civil obligations.
第9条【身体の自由と逮捕抑留の要件】 Article 9
  1. すべての者は、身体の自由及び安全についての権利を有する。何人も、恣意的に逮捕され又は抑留されない。何人も、 法律で定める理由及び手続によらない限り、その自由を奪われない。
  2. 逮捕される者は、逮捕の時にその理由を告げられるものとし、自己に対する被疑事実を速やかに告げられる。
  3. 刑事上の罪に問われて逮捕され又は抑留された者は、 裁判官又は司法権を行使することが法律によつて認められている他の官憲の面前に速やかに連れて行かれるものとし、 妥当な期間内に裁判を受ける権利又は釈放される権利を有する。裁判に付される者を抑留することが原則であつてはならず、 釈放に当たつては、裁判その他の司法上の手続のすべての段階における出頭及び必要な場合における判決の執行のための出頭が保証されることを条件とすることができる。
  4. 逮捕又は抑留によつて自由を奪われた者は、 裁判所がその抑留が合法的であるかどうかを遅滞なく決定すること及びその抑留が合法的でない場合にはその釈放を命ずることができるように、 裁判所において手続をとる権利を有する。
  5. 違法に逮捕され又は抑留された者は、賠償を受ける権利を有する。
  1. Everyone has the right to liberty and security of person. No one shall be subjected to arbitrary arrest or detention. No one shall be deprived of his liberty except on such grounds and in accordance with such procedure as are established by law.
  2. Anyone who is arrested shall be informed, at the time of arrest, of the reasons for his arrest and shall be promptly informed of any charges against him.
  3. Anyone arrested or detained on a criminal charge shall be brought promptly before a judge or other officer authorized by law to exercise judicial power and shall be entitled to trial within a reasonable time or to release. It shall not be the general rule that persons awaiting trial shall be detained in custody, but release may be subject to guarantees to appear for trial, at any other stage of the judicial proceedings, and, should occasion arise, for execution of the judgement.
  4. Anyone who is deprived of his liberty by arrest or detention shall be entitled to take proceedings before a court, in order that that court may decide without delay on the lawfulness of his detention and order his release if the detention is not lawful.
  5. Anyone who has been victim of unlawful arrest or detention shall have an enforceable right to compensation.
第10条【被告人の取扱・行刑制度】 Article 10
  1. 自由を奪われたすべての者は、人道的にかつ人間の固有の尊厳を尊重して、取り扱われる。
  2. 2(a) 被告人は、例外的な事情がある場合を除くほか有罪の判決を受けた者とは分離されるものとし、 有罪の判決を受けていない者としての地位に相応する別個の取扱いを受ける。
    (b) 少年の被告人は、成人とは分離されるものとし、できる限り速やかに裁判に付される。
  3. 行刑の制度は、被拘禁者の矯正及び社会復帰を基本的な目的とする処遇を含む。少年の犯罪者は、 成人とは分離されるものとし、その年齢及び法的地位に相応する取扱いを受ける。
  1. All persons deprived of their liberty shall be treated with humanity and with respect for the inherent dignity of the human person.
  2. 2.(a) Accused persons shall, save in exceptional circumstances, be segregated from convicted persons and shall be subject to separate treatment appropriate to their status as unconvicted persons;
    (b) Accused juvenile persons shall be separated from adults and brought as speedily as possible for adjudication.
  3. The penitentiary system shall comprise treatment of prisoners the essential aim of which shall be their reformation and social rehabilitation. Juvenile offenders shall be segregated from adults and be accorded treatment appropriate to their age and legal status.
第11条【契約不履行による拘禁】 Article 11

何人も、契約上の義務を履行することができないことのみを理由として拘禁されない。

No one shall be imprisoned merely on the ground of inability to fulfil a contractual obligation.

第12条【移動、居住及び出国の自由】 Article 12
  1. 合法的にいずれかの国の領域内にいるすべての者は、当該領域内において、 移動の自由及び居住の自由についての権利を有する。
  2. すべての者は、いずれの国 (自国を含む。) からも自由に離れることができる。
  3. 1 及び 2 の権利は、いかなる制限も受けない。ただし、その制限が、法律で定められ、国の安全、公の秩序、 公衆の健康若しくは道徳又は他の者の権利及び自由を保護するために必要であり、かつ、 この規約において認められる他の権利と両立するものである場合は、この限りでない。
  4. 何人も、自国に戻る権利を恣意的に奪われない。
  1. Everyone lawfully within the territory of a State shall, within that territory, have the right to liberty of movement and freedom to choose his residence.
  2. Everyone shall be free to leave any country, including his own.
  3. The above-mentioned rights shall not be subject to any restrictions except those which are provided by law, are necessary to protect national security, public order (ordre public), public health or morals or the rights and freedoms of others, and are consistent with the other rights recognized in the present Covenant.
  4. No one shall be arbitrarily deprived of the right to enter his own country.
第13条【外国人の追放】 Article 13

合法的にこの規約の締約国の領域内にいる外国人は、 法律に基づいて行われた決定によつてのみ当該領域から追放することができる。 国の安全のためのやむを得ない理由がある場合を除くほか、当該外国人は、 自己の追放に反対する理由を提示すること及び権限のある機関又はその機関が特に指名する者によつて自己の事案が審査されることが認められるものとし、 このためにその機関又はその者に対する代理人の出頭が認められる。

An alien lawfully in the territory of a State Party to the present Covenant may be expelled there from only in pursuance of a decision reached in accordance with law and shall, except where compelling reasons of national security otherwise require, be allowed to submit the reasons against his expulsion and to have his case reviewed by, and be represented for the purpose before, the competent authority or a person or persons especially designated by the competent authority.

第14条【公正な裁判を受ける権利】 Article 14
  1. すべての者は、裁判所の前に平等とする。すべての者は、 その刑事上の罪の決定又は民事上の権利及び義務の争いについての決定のため、法律で設置された、権限のある、独立の、 かつ、公平な裁判所による公正な公開審理を受ける権利を有する。報道機関及び公衆に対しては、民主的社会における道徳、 公の秩序若しくは国の安全を理由として、当事者の私生活の利益のため必要な場合において又はその公開が司法の利益を害することとなる特別な状況において裁判所が真に必要があると認める限度で、 裁判の全部又は一部を公開しないことができる。もつとも、刑事訴訟又は他の訴訟において言い渡される判決は、 少年の利益のために必要がある場合又は当該手続が夫婦間の争い若しくは児童の後見に関するものである場合を除くほか、公開する。
  2. 刑事上の罪に問われているすべての者は、法律に基づいて有罪とされるまでは、無罪と推定される権利を有する。
  3. すべての者は、その刑事上の罪の決定について、十分平等に、少なくとも次の保障を受ける権利を有する。
    • (a) その理解する言語で速やかにかつ詳細にその罪の性質及び理由を告げられること。
    • (b) 防御の準備のために十分な時間及び便益を与えられ並びに自ら選任する弁護人と連絡すること。
    • (c) 不当に遅延することなく裁判を受けること。
    • (d) 自ら出席して裁判を受け及び、直接に又は自ら選任する弁護人を通じて、防御すること。弁護人がいない場合には、 弁護人を持つ権利を告げられること。司法の利益のために必要な場合には、 十分な支払手段を有しないときは自らその費用を負担することなく、弁護人を付されること。
    • (e) 自己に不利な証人を尋問し又はこれに対し尋問させること並びに自己に不利な証人と同じ条件で自己のための証人の出席及びこれに対する尋問を求めること。
    • (f) 裁判所において使用される言語を理解すること又は話すことができない場合には、無料で通訳の援助を受けること。
    • (g) 自己に不利益な供述又は有罪の自白を強要されないこと。
  4. 少年の場合には、手続は、その年齢及びその更生の促進が望ましいことを考慮したものとする。
  5. 有罪の判決を受けたすべての者は、法律に基づきその判決及び刑罰を上級の裁判所によつて再審理される権利を有する。
  6. 確定判決によつて有罪と決定された場合において、その後に、 新たな事実又は新しく発見された事実により誤審のあつたことが決定的に立証されたことを理由としてその有罪の判決が破棄され又は赦免が行われたときは、 その有罪の判決の結果刑罰に服した者は、法律に基づいて補償を受ける。ただし、 その知られなかつた事実が適当な時に明らかにされなかつたことの全部又は一部がその者の責めに帰するものであることが証明される場合は、 この限りでない。
  7. 何人も、それぞれの国の法律及び刑事手続に従つて既に確定的に有罪又は無罪の判決を受けた行為について再び裁判され又は処罰されることはない。
  1. All persons shall be equal before the courts and tribunals. In the determination of any criminal charge against him, or of his rights and obligations in a suit at law, everyone shall be entitled to a fair and public hearing by a competent, independent and impartial tribunal established by law. The press and the public may be excluded from all or part of a trial for reasons of morals, public order (ordre public) or national security in a democratic society, or when the interest of the private lives of the parties so requires, or to the extent strictly necessary in the opinion of the court in special circumstances where publicity would prejudice the interests of justice; but any judgement rendered in a criminal case or in a suit at law shall be made public except where the interest of juvenile persons otherwise requires or the proceedings concern matrimonial disputes or the guardianship of children.
  2. Everyone charged with a criminal offence shall have the right to be presumed innocent until proved guilty according to law.
  3. In the determination of any criminal charge against him, everyone shall be entitled to the following minimum guarantees, in full equality:
    • (a) To be informed promptly and in detail in a language which he understands of the nature and cause of the charge against him;
    • (b) To have adequate time and facilities for the preparation of his defence and to communicate with counsel of his own choosing;
    • (c) To be tried without undue delay;
    • (d) To be tried in his presence, and to defend himself in person or through legal assistance of his own choosing; to be informed, if he does not have legal assistance, of this right; and to have legal assistance assigned to him, in any case where the interests of justice so require, and without payment by him in any such case if he does not have sufficient means to pay for it;
    • (e) To examine, or have examined, the witnesses against him and to obtain the attendance and examination of witnesses on his behalf under the same conditions as witnesses against him;
    • (f) To have the free assistance of an interpreter if he cannot understand or speak the language used in court;
    • (g) Not to be compelled to testify against himself or to confess guilt.
  4. In the case of juvenile persons, the procedure shall be such as will take account of their age and the desirability of promoting their rehabilitation.
  5. Everyone convicted of a crime shall have the right to his conviction and sentence being reviewed by a higher tribunal according to law.
  6. When a person has by a final decision been convicted of a criminal offence and when subsequently his conviction has been reversed or he has been pardoned on the ground that a new or newly discovered fact shows conclusively that there has been a miscarriage of justice, the person who has suffered punishment as a result of such conviction shall be compensated according to law, unless it is proved that the non-disclosure of the unknown fact in time is wholly or partly attributable to him.
  7. No one shall be liable to be tried or punished again for an offence for which he has already been finally convicted or acquitted in accordance with the law and penal procedure of each country.
第15条【遡及処罰の禁止】 Article 15
  1. 何人も、実行の時に国内法又は国際法により犯罪を構成しなかつた作為又は不作為を理由として有罪とされることはない。 何人も、犯罪が行われた時に適用されていた刑罰よりも重い刑罰を科されない。 犯罪が行われた後により軽い刑罰を科する規定が法律に設けられる場合には、罪を犯した者は、その利益を受ける。
  2. この条のいかなる規定も、国際社会の認める法の一般原則により実行の時に犯罪とされていた作為又は不作為を理由として裁判しかつ処罰することを妨げるものではない。
  1. No one shall be held guilty of any criminal offence on account of any act or omission which did not constitute a criminal offence, under national or international law, at the time when it was committed. Nor shall a heavier penalty be imposed than the one that was applicable at the time when the criminal offence was committed. If, subsequent to the commission of the offence, provision is made by law for the imposition of the lighter penalty, the offender shall benefit thereby.
  2. Nothing in this article shall prejudice the trial and punishment of any person for any act or omission which, at the time when it was committed, was criminal according to the general principles of law recognized by the community of nations.
第16条【人として認められる権利】 Article 16

すべての者は、すべての場所において、法律の前に人として認められる権利を有する。

Everyone shall have the right to recognition everywhere as a person before the law.

第17条【私生活・名誉及び信用の尊重】 Article 17
  1. 何人も、その私生活、家族、住居若しくは通信に対して恣意的に若しくは不法に干渉され又は名誉及び信用を不法に攻撃されない。
  2. すべての者は、1 の干渉又は攻撃に対する法律の保護を受ける権利を有する。
  1. No one shall be subjected to arbitrary or unlawful interference with his privacy, family, home or correspondence, nor to unlawful attacks on his honour and reputation.
  2. Everyone has the right to the protection of the law against such interference or attacks.
第18条【思想・良心及び宗教の自由】 Article 18
  1. すべての者は、思想、良心及び宗教の自由についての権利を有する。この権利には、 自ら選択する宗教又は信念を受け入れ又は有する自由並びに、単独で又は他の者と共同して及び公に又は私的に、礼拝、 儀式、行事及び教導によつてその宗教又は信念を表明する自由を含む。
  2. 何人も、自ら選択する宗教又は信念を受け入れ又は有する自由を侵害するおそれのある強制を受けない。
  3. 宗教又は信念を表明する自由については、法律で定める制限であつて公共の安全、公の秩序、 公衆の健康若しくは道徳又は他の者の基本的な権利及び自由を保護するために必要なもののみを課することができる。
  4. この規約の締約国は、父母及び場合により法定保護者が、 自己の信念に従つて児童の宗教的及び道徳的教育を確保する自由を有することを尊重することを約束する。
  1. Everyone shall have the right to freedom of thought, conscience and religion. This right shall inclued freedom to have or to adopt a religion or belief of his choice, and freedom, either individually or in community with others and in public or private, to manifest his religion or belief in worship, observance, practice and teaching.
  2. No one shall be subject to coercion which would impair his freedom to have or to adopt a religion or belief of his choice.
  3. Freedom to manifest one's religion or beliefs may be subject only to such limitations as are prescribed by law and are necessary to protect public safety, order, health, or morals or the fundamental rights and freedoms of others.
  4. The States Parties to the present Covenant undertake to have respect for the liberty of parents and, when applicable, legal guardians to ensure the religious and moral education of their children in conformity with their own convictions.
第19条【表現の自由】 Article 19
  1. すべての者は、干渉されることなく意見を持つ権利を有する。
  2. すべての者は、表現の自由についての権利を有する。この権利には、口頭、手書き若しくは印刷、 芸術の形態又は自ら選択する他の方法により、国境とのかかわりなく、あらゆる種類の情報及び考えを求め、 受け及び伝える自由を含む。
  3. 2 の権利の行使には、特別の義務及び責任を伴う。したがつて、この権利の行使については、 一定の制限を課することができる。ただし、その制限は、法律によつて定められ、かつ、 次の目的のために必要とされるものに限る。
    • (a) 他の者の権利又は信用の尊重
    • (b) 国の安全、公の秩序又は公衆の健康若しくは道徳の保護
  1. Everyone shall have the right to hold opinions without interference.
  2. Everyone shall have the right to freedom of expression; this right shall include freedom to seek, receive and impart information and ideas of all kinds, regardless of frontiers, either orally, in writing or in print, in the form of art, or through any other media of his choice.
  3. The exercise of the rights provided for in paragraph 2 of this article carries with it special duties and responsibilities. It may therefore be subject to certain restrictions, but these shall only be such as are provided by law and are necessary:
    1. (a) For respect of the rights or reputations of others;
    2. (b) For the protection of national security or of public order (ordre public), or of public health or morals.
第20条【戦争宣伝及び憎悪唱道の禁止】 Article 20
  1. 戦争のためのいかなる宣伝も、法律で禁止する。
  2. 差別、敵意又は暴力の扇動となる国民的、人種的又は宗教的憎悪の唱道は、法律で禁止する。
  1. Any propaganda for war shall be prohibited by law.
  2. Any advocacy of national, racial or religious hatred that constitutes incitement to discrimination, hostility or violence shall be prohibited by law.
第21条【集会の自由】 Article 21

平和的な集会の権利は、認められる。この権利の行使については、 法律で定める制限であつて国の安全若しくは公共の安全、公の秩序、 公衆の健康若しくは道徳の保護又は他の者の権利及び自由の保護のため民主的社会において必要なもの以外のいかなる制限も課することができない。

The right of peaceful assembly shall be recognized. No restrictions may be placed on the exercise of this right other than those imposed in conformity with the law and which are necessary in a democratic society in the interests of national security or public safety, public order (ordre public), the protection of public health or morals or the protection of the rights and freedoms of others.

第22条【結社の自由】 Article 22
  1. すべての者は、結社の自由についての権利を有する。この権利には、 自己の利益の保護のために労働組合を結成し及びこれに加入する権利を含む。
  2. 1 の権利の行使については、法律で定める制限であつて国の安全若しくは公共の安全、公の秩序、 公衆の健康若しくは道徳の保護又は他の者の権利及び自由の保護のため民主的社会において必要なもの以外のいかなる制限も課することができない。 この条の規定は、1 の権利の行使につき、軍隊及び警察の構成員に対して合法的な制限を課することを妨げるものではない。
  3. この条のいかなる規定も、結社の自由及び団結権の保護に関する1948年の国際労働機関の条約の締約国が、 同条約に規定する保障を阻害するような立法措置を講ずること又は同条約に規定する保障を阻害するような方法により法律を適用することを許すものではない。
  1. Everyone shall have the right to freedom of association with others, including the right to form and join trade unions for the protection of his interests.
  2. No restrictions may be placed on the exercise of this right other than those which are prescribed by law and which are necessary in a democratic society in the interests of national security or public safety, public order (ordre public), the protection of public health or morals or the protection of the rights and freedoms of others. This article shall not prevent the imposition of lawful restrictions on members of the armed forces and of the police in their exercise of this right.
  3. Nothing in this article shall authorize States Parties to the International Labour Organisation Convention of 1948 concerning Freedom of Association and Protection of the Right to Organize to take legislative measures which would prejudice, or to apply the law in such a manner as to prejudice the guarantees provided for in that Convention.
第23条【婚姻の自由】 Article 23
  1. 家族は、社会の自然かつ基礎的な単位であり、社会及び国による保護を受ける権利を有する。
  2. 婚姻をすることができる年齢の男女が婚姻をしかつ家族を形成する権利は、認められる。
  3. 婚姻は、両当事者の自由かつ完全な合意なしには成立しない。
  4. この規約の締約国は、婚姻中及び婚姻の解消の際に、婚姻に係る配偶者の権利及び責任の平等を確保するため、 適当な措置をとる。その解消の場合には、児童に対する必要な保護のため、措置がとられる。
  1. The family is the natural and fundamental group unit of society and is entitled to protection by society and the State.
  2. The right of men and women of marriageable age to marry and to found a family shall be recognized.
  3. No marriage shall be entered into without the free and full consent of the intending spouses.
  4. States Parties to the present Covenant shall take appropriate steps to ensure equality of rights and responsibilities of spouses as to marriage, during marriage and at its dissolution. In the case of dissolution, provision shall be made for the necessary protection of any children.
第24条【児童の保護】 Article 24
  1. すべての児童は、人種、皮膚の色、性、言語、宗教、国民的若しくは社会的出身、 財産又は出生によるいかなる差別もなしに、未成年者としての地位に必要とされる保護の措置であつて家族、 社会及び国による措置についての権利を有する。
  2. すべての児童は、出生の後直ちに登録され、かつ、氏名を有する。
  3. すべての児童は、国籍を取得する権利を有する。
  1. Every child shall have, without any discrimination as to race, colour, sex, language, religion, national or social origin, property or birth, the right to such measures of protection as are required by his status as a minor, on the part of his family, society and the State.
  2. Every child shall be registered immediately after birth and shall have a name.
  3. Every child has the right to acquire a nationality.
第25条【選挙及び公務への参与】 Article 25

すべての市民は、第2条に規定するいかなる差別もなく、かつ、不合理な制限なしに、 次のことを行う権利及び機会を有する。

  • (a) 直接に、又は自由に選んだ代表者を通じて、政治に参与すること。
  • (b) 普通かつ平等の選挙権に基づき秘密投票により行われ、 選挙人の意思の自由な表明を保障する真正な定期的選挙において、投票し及び選挙されること。
  • (c) 一般的な平等条件の下で自国の公務に携わること。

Every citizen shall have the right and the opportunity, without any of the distinctions mentioned in article 2 and without unreasonable restrictions:

  • (a) To take part in the conduct of public affairs, directly or through freely chosen representatives;
  • (b) To vote and to be elected at genuine periodic elections which shall be by universal and equal suffrage and shall be held by secret ballot, guaranteeing the free expression of the will of the electors;
  • (c) To have access, on general terms of equality, to public service in his country.
第26条【法の前の平等・無差別】 Article 26

すべての者は、法律の前に平等であり、 いかなる差別もなしに法律による平等の保護を受ける権利を有する。このため、法律は、あらゆる差別を禁止し及び人種、 皮膚の色、性、言語、宗教、政治的意見その他の意見、国民的若しくは社会的出身、財産、 出生又は他の地位等のいかなる理由による差別に対しても平等のかつ効果的な保護をすべての者に保障する。

All persons are equal before the law and are entitled without any discrimination to the equal protection of the law. In this respect, the law shall prohibit any discrimination and guarantee to all persons equal and effective protection against discrimination on any ground such as race, colour, sex, language, religion, political or other opinion, national or social origin, property, birth or other status.

第27条【少数民族の保護】 Article 27

種族的、宗教的又は言語的少数民族が存在する国において、 当該少数民族に属する者は、その集団の他の構成員とともに自己の文化を享有し、 自己の宗教を信仰しかつ実践し又は自己の言語を使用する権利を否定されない。

In those States in which ethnic, religious or linguistic minorities exist, persons belonging to such minorities shall not be denied the right, in community with the other members of their group, to enjoy their own culture, to profess and practice their own religion, or to use their own language.