教育の概要

学士課程教育

    • 全学共通
      『人間と社会、人間と自然』に関する幅広い知識と深い洞察力を培い、これに基づいた創造力を涵養するとともに、知的教養人としての使命の自覚を促し、ますます複雑化していく社会の中で適正な批判力と判断力をもって行動しうる知性と能力及び豊かな人間性を育むことを目指しています。 総合大学の利点を生かし、学部の枠を超えた「教育部会」を組織して全学的な体制で実施しています。
    • 高度教養
      自分野の専門性を身につけた学生が、「(1)複数の学問分野に関わる課題を学ぶことにより、高度な複眼的思考能力を修得し、異なる分野での価値観や解決手法を理解する」「(2)異なる分野の学生と協働して様々な課題に取り組むことにより、学生の自主性、コミュニケーション能力、チームワークなどの社会的能力、課題解決能力を身につける」ことを目的としています。
    • 専門
      専門知識の修得を目指して、各学部・学科ごとに実施しています。

大学院課程教育

学士課程に続き、さらに専門性を深め、研究者及び高度職業人の育成を目指す、2年間の博士課程前期課程、3年間の博士課程後期課程(医学研究科は4年間の博士課程)の教育を各研究科・専攻で実施しています。

〔特記事項〕

文学部・国際人間科学部・法学部・経済学部・経営学部・理学部・工学部・農学部

医学部医学科

医学部保健学科

海事科学部

その他

    • 公開講座高校との連携社会人教育 
      一般市民対象の公開講座、高校生対象の特別講義(高大連携)、高校への出前授業等により、神戸大学での研究成果やさまざまな学問分野の内容をわかりやすく紹介しています。