経済学研究科 学位授与に関する方針

博士課程前期課程

神戸大学経済学研究科は、広く知識を授けるとともに、経済学に関する人類の知見を継承し、創造的に発展させることを通じて、豊かな人間性を涵養する教育研究を行い、経済学における研究活動を行う、あるいは高度の経済学の専門性が求められる職業を担い、広く社会に貢献する人材並びに国際的な視野を持ち世界で活躍できる人材を養成することを目的とする。

この目的を達成するため、以下に示した方針に従って修士の学位を授与する。

学位:修士(経済学)

神戸大学のディプロマ・ポリシー、ならびに神戸高等商業学校以来の「真摯・自由・共同」の精神にもとづき、経済学研究は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本研究科に所定の期間  以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
  • 修了までに、広い視野に立った深い学識とともに、経済学に関する高度な専門的知識を身に付け、社会において生じている事象を高次のレベルで分析、解明し、その成果をもとに社会に貢献するために、神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、本研究科学生が身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 高度に論理的・数理的に思考する能力
    • 社会において生じている事象を高次のレベルで的確に分析し、その事象を解明できる能力
    • 高次のレベルで分析、解明したことを総合し、的確に表現できる能力


博士課程後期課程

神戸大学経済学研究科は、広く知識を授けるとともに、経済学に関する人類の知見を継承し、創造的に発展させることを通じて、豊かな人間性を涵養する教育研究を行い、自立して経済学における研究活動を行う、あるいはより高度の経済学の専門性が求められる職業を担い、広く社会に貢献する人材並びに国際的な視野を持ち世界で活躍できる人材を養成することを目的とする。

この目的を達成するため、以下に示した方針に従って博士の学位を授与する。

学位:博士(経済学)

神戸大学のディプロマ・ポリシー、ならびに神戸高等商業学校以来の「真摯・自由・共同」の精神にもとづき、経済学研究は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本研究科に所定の期間以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得し、研究科の定める審査および試験に合格すること。
  • 修了までに、広い視野に立った深い学識とともに、経済学に関する最高度の専門的知識を身に付け、社会において生じている事象を最も高次なレベルで分析、解明し、従来の研究を乗り越えた創造性の高い研究の成果をもとに社会に貢献するために、神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、本研究科学生が身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 創造性の高い研究課題を自立して設定するに至る論理的・数理的に思考する能力
    • 社会において生じている事象を最も高次のレベルで的確に分析し、その事象を解明し、従来の研究を乗り越えた新たな知見を明らかにできる能力
    • 高次のレベルで分析、解明したことを総合し、従来の研究を乗り越えた独自の知見として的確に表現できる能力