工学研究科 学位授与に関する方針

博士課程前期課程

学位:修士(工学)

建築学専攻

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき,工学研究科建築学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本研究科に基本的に2年以上在学し,履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え,修了までに建築学専攻学生が,身につけておくべき能力を次のとおりとする。
    • 建築学に関する高度な専門知識及び幅広い学識と学際的視点から思考する能力
    • 建築学に関する高度で卓越した専門能力及び当該分野の研究者としての深い学識の習得

建築学専攻(健康・福祉・医療工学コース)

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき,工学研究科建築学専攻(健康・福祉・医療工学コース)は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本研究科に基本的に2年以上在学し,履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、修了までに、建築学専攻(健康・福祉・医療工学コース)の学生が身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 健康,福祉,医療に関する知識を含む幅広い学識から思考する能力
    • 建築学に関する高度な専門知識及び学際的視点から思考する能力
    • 建築学に関する高度で卓越した専門能力及び当該分野の研究者としての深い学識の習得

市民工学専攻

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、工学部市民工学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本大学院前期課程に2年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位を修得、かつ、必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査及び最終試験に合格すること。ただし、在学期間に関しては、優れた業績を上げたものについては1年以上とする。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシー定める能力に加え、修了までに、本専攻学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 専門応用学力に関する能力を身につけること。
    • 伝統的な土木工学の領域を包含した幅広い学際的視点と専門知識を有する実践的で高度な能力を身につけること。
    • 未知なる課題を解決する能力を身につけること。
    • 総合的課題解決に関する能力を身につけること。

市民工学専攻(健康・福祉・医療工学コース)

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、工学部市民工学専攻(健康・福祉・医療工学コース)は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本大学院前期課程に2年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位を修得、かつ、必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査及び最終試験に合格すること。ただし、在学期間に関しては、優れた業績を上げたものについては1年以上とする。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシー定める能力に加え、修了までに、本専攻(健康・福祉・医療工学コース)学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 専門応用学力に関する能力を身につけること。
    • 伝統的な土木工学の領域を包含した幅広い学際的視点と専門知識を有する実践的で高度な能力を身につけること。
    • 未知なる課題を解決する能力を身につけること。
    • 総合的課題解決に関する能力を身につけること。

電気電子工学専攻

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、工学研究科電気電子工学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本研究科に2年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上で、修士論文の審査及び最終試験に合格すること。ただし、優れた研究業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、修了までに、電気電子工学専攻学生が身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 幅広い学識と学際的視点から思考する能力
    • 電子物理分野あるいは電子情報分野に関する高度な知識及び専門的能力
    • 電気電子工学に関する知識を用いて、創造的に思考し、課題を解決する能力

電気電子工学専攻(健康・福祉・医療工学コース)

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、工学研究科電気電子工学専攻(健康・福祉・医療工学コース)は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本研究科に2年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上で、修士論文の審査及び最終試験に合格すること。ただし、優れた研究業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、修了までに、電気電子工学専攻(健康・福祉・医療工学コース)の学生が身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 健康、福祉、医療に関する知識を含む幅広い学識と学際的視点から思考する能力
    • 電子物理分野あるいは電子情報分野に関する高度な知識及び専門的能力
    • 電気電子工学に関する知識を用いて、創造的に思考し、課題を解決する能力

機械工学専攻

神戸大学大学院のディプロマ・ポリシーにもとづき、工学研究科機械工学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本大学院前期課程に2年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査及び最終試験に合格すること。ただし、優れた業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
  • 神戸大学大学院のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、修了までに、本専攻学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 国際性を備えた幅広い見識と高度な基礎学力
    • 熱・流体分野の深い学識と研究能力、および高度な専門的職業を遂行する能力
    • 材料物理分野の深い学識と研究能力、および高度な専門的職業を遂行する能力
    • 機械制御分野の深い学識と研究能力、および高度な専門的職業を遂行する能力
    • 機械設計・生産分野の深い学識と研究能力、および高度な専門的職業を遂行する能力
    • 専門知識に立脚した機械工学技術者としての高度で卓越した研究開発能力

機械工学専攻(健康・福祉・医療工学コース)

神戸大学大学院のディプロマ・ポリシーにもとづき、工学研究科機械工学専攻(健康・福祉・医療工学コース)は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本大学院前期課程に2年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査及び最終試験に合格すること。ただし、優れた業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
  • 神戸大学大学院のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、修了までに、機械工学専攻(健康・福祉・医療工学コース)の学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 健康、福祉、医療に関する知識を含む幅広い学識と学際的視点から思考する能力
    • 熱・流体分野の深い学識と研究能力、および高度な専門的職業を遂行する能力
    • 材料物理分野の深い学識と研究能力、および高度な専門的職業を遂行する能力
    • 機械制御分野の深い学識と研究能力、および高度な専門的職業を遂行する能力
    • 機械設計・生産分野の深い学識と研究能力、および高度な専門的職業を遂行する能力
    • 専門知識に立脚した機械工学技術者としての高度で卓越した研究開発能力

応用化学専攻

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、工学研究科応用化学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本学研究科に2年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。ただし、優れた研究業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
  • 指導教員による研究指導のもと、応用化学を専門とする高度な研究手法に基づき、申請者本人が主体的に取り組んだ研究成果からなる修士論文を提出すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、修了までに応用化学専攻学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 幅広い工学的学識と国際的視点から思考する能力
    • 応用化学に関する深い学識と高度な専門的能力
    • 応用化学に関する学識と専門的能力を用いて、社会的課題を議論し、解決に取り組む高度な研究能力

応用化学専攻(健康・福祉・医療工学コース)

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、工学研究科応用化学専攻(健康・福祉・医療工学コース)は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本学研究科に2年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。ただし、優れた研究業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
  • 指導教員による研究指導のもと、応用化学を専門とする高度な研究手法に基づき、申請者本人が主体的に取り組んだ研究成果からなる修士論文を提出すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシー定める能力に加え、修了までに応用化学専攻学生(健康・福祉・医療工学コース)が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 健康・福祉・医療工学を含む幅広い工学的学識と国際的視点から思考する能力
    • 応用化学分野における深い学識と高度な専門的能力
    • 応用化学に加え健康・福祉・医療工学に関する学識と専門的能力を用いて、社会的課題を議論し、解決に取り組む高度な研究能力

博士課程後期課程

建築学専攻

学位:博士(工学)

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき,工学研究科建築学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本学部に3年以上在学し,履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること.ただし,優れた研究業績を上げた者については,在学期間を短縮して修了することができる。
  • 指導教員による研究指導のもと、建築学を専門とする高度な研究手法に基づき、申請者本人が主体的に取り組んだ研究成果からなる博士論文を提出すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え,修了までに建築学専攻学生が,身につけておくべき能力を次のとおりとする。
    • 建築学に関する高度な専門知識及び幅広い学識と学際的視点から思考する能力
    • 建築学に関する高度で卓越した専門能力及び当該分野の研究者としての深い学識の習得
    • 建築学を基礎とする自立した研究者として活躍できる能力
    • 国際的で高度な専門性の上に立った建築学研究の先端的な領域を開拓する能力

学位:博士(学術)

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき,工学研究科建築学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本学部に3年以上在学し,履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること.ただし,優れた研究業績を上げた者については,在学期間を短縮して修了することができる。
  • 指導教員による研究指導のもと、建築学を専門とする高度な研究手法に基づき、申請者本人が主体的に取り組んだ研究成果からなる博士論文を提出すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え,修了までに建築学専攻学生が,身につけておくべき能力を次のとおりとする.
    • 建築学に関する高度な専門知識及び幅広い学識と学際的視点から思考する能力
    • 建築学に関する高度で卓越した専門能力及び当該分野の研究者としての深い学識の習得
    • 建築学を基礎とする自立した研究者として活躍できる能力
    • 国際的で高度な専門性の上に立った建築学研究の先端的な領域を開拓する能力

市民工学専攻

学位:博士(工学)

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、工学部市民工学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本大学院後期課程に3年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位を修得、かつ、必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び最終試験に合格すること。ただし、在学期間に関しては、優れた業績を上げたものについては1年(2年未満の在学期間をもって前期課程を修了した者にあっては当該在学期間を含めて3年)以上とする。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシー定める能力に加え、修了までに、本専攻学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 専門応用学力に関する能力を身につけること。
    • 伝統的な土木工学の領域を包含した幅広い学際的視点と専門知識を有する実践的で高度な能力を身につけること。
    • 未知なる課題を解決する能力を身につけること。
    • 総合的課題解決に関する能力を身につけること。

電気電子工学専攻

学位:博士(工学)・博士(学術)

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、工学研究科電気電子工学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本研究科に3年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上で、博士論文の審査及び最終試験に合格すること。ただし、優れた研究業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、修了までに、電気電子工学専攻学生が身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 深い学識と学際的視点から思考する能力
    • 電子物理分野あるいは電子情報分野に関する先端的な知識及びそれを活用する能力
    • 広い視野に立って課題を発見し、創造的に思考してそれを解決する能力

機械工学専攻

学位:博士(工学)・博士(学術)

神戸大学大学院のディプロマ・ポリシーにもとづき、工学研究科機械工学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本大学院後期課程に3年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び最終試験に合格すること。ただし、優れた研究業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
  • 神戸大学大学院のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、修了までに、本専攻学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 熱・流体分野の豊かな学識を基礎とする高度な研究能力
    • 材料物理分野の豊かな学識を基礎とする高度な研究能力
    • 機械制御分野の豊かな学識を基礎とする高度な研究能力
    • 機械設計・生産分野の豊かな学識を基礎とする高度な研究能力
    • 自立した研究者として多様な分野で活躍し得る高度な研究能力

応用化学専攻

学位:博士(工学)

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、工学研究科応用化学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本学研究科に3年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。ただし、優れた研究業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
  • 指導教員による研究指導のもと、応用化学を専門とする高度な研究手法に基づき、申請者本人が主体的に取り組んだ研究成果からなる博士論文を提出すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシー定める能力に加え、修了までに応用化学専攻学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 深く豊かな工学的学識と国際的視点から思考する能力
    • 応用化学に関する深い学識とより高度な専門的能力
    • 応用化学に関する学識と専門的能力を用いて社会的課題を自ら設定し、その解決に取り組む卓越した研究能力
    • 工学分野において応用化学を基盤とする自立した研究者として活躍できる能力

応用化学専攻

学位:博士(学術)

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、工学研究科応用化学専攻は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

  • 本学研究科に3年以上在学し、履修要件として定めた所定の単位以上を修得すること。ただし、優れた研究業績を上げた者については、在学期間を短縮して修了することができる。
  • 指導教員による研究指導のもと、応用化学を専門とする高度な研究手法に基づき、申請者本人が主体的に取り組んだ研究成果からなる博士論文を提出すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシー定める能力に加え、修了までに応用化学専攻学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 深く豊かな工学的学識と国際的視点から思考する能力
    • 応用化学に関する深い学識とより高度な専門的能力
    • 応用化学に関する学識と専門的能力を用いて社会的課題を自ら設定し、その解決に取り組む卓越した研究能力
    • 学際的な学術分野において応用化学を基盤とする自立した研究者として活躍できる能力