システム情報学研究科 学位授与に関する方針

博士課程前期課程

神戸大学大学院システム情報学研究科は、博士課程前期課程において、各専攻分野における幅広い知識および学際的視点を有する人材、特に新興領域・融合領域での問題解決に肝要となる複眼的視野を有する創造性豊かな高度専門職業人を養成することを目的としている。

この目的を達成するため、以下に示した方針に従って修士の学位を授与する。

学位:修士(システム情報学)、修士(工学)

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、神戸大学大学院システム情報学研究科は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

システム科学専攻、情報科学専攻、計算科学専攻

  • システム情報学研究科規則に定める修了に必要な所定の単位を取得し、修士論文に係る審査に合格すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、修了までに、本研究科学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • システム情報学分野全般において重要となる専門知識を修得し、これを活用する能力
    • 各専攻分野において基礎となる考え方を理解する能力
    • 各専攻分野に特化した発展的かつ高度に専門的な視野をもって問題解決にあたる能力
    • 学際的視点から課題を発見し、理解する能力
  • 特定研究の内容に応じて、「修士(システム情報学)」あるいは「修士(工学)」の学位を授与する。

博士課程後期課程

神戸大学大学院システム情報学研究科は、博士課程後期課程において、前期課程での教育を更に発展・深化させるとともに、自ら問題を設定・探求・解決できる高度な課題探求能力、新たな知識・価値の創出に寄与する豊かな創造性と国際感覚を有する研究者・高等教育研究機関の教員・高度専門職業人等を養成することを目的としている。

この目的を達成するため、以下に示した方針に従って博士の学位を授与する。

学位:博士(システム情報学)、博士(工学)、博士(学術)

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、神戸大学大学院システム情報学研究科は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

システム科学専攻、情報科学専攻、計算科学専攻(計算科学インテンシブコースを除く)

  • システム情報学研究科規則に定める修了に必要な所定の単位を取得し、博士論文に係る試験および審査に合格すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、修了までに、本研究科学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 各専攻分野における先端的な視点から課題を発見し、問題解決にあたる能力
    • 学際的視点から課題を発見し、理解する能力
  • 特定研究の内容に応じて、「博士(システム情報学)」、「博士(工学)」あるいは「博士(学術)」の学位を授与する。

学位:博士(計算科学)

神戸大学のディプロマ・ポリシーにもとづき、神戸大学大学院システム情報学研究科は以下に示した方針に従って当該学位を授与する。

計算科学専攻(計算科学インテンシブコース)

  • システム情報学研究科規則に定める修了に必要な所定の単位を取得し、博士論文に係る試験および審査に合格すること。
  • 神戸大学のディプロマ・ポリシーに定める能力に加え、修了までに、本研究科学生が、身につけるべき能力を次のとおりとする。
    • 本専攻分野における先端的な視点から課題を発見し、問題解決にあたる能力
    • 高性能計算機を駆使して革新的な科学技術を開拓・展開・実践する能力
  • 修了にあたり「博士(計算科学)」の学位を授与する。なお、特定研究の内容に応じて、「博士(システム情報学)」、「博士(工学)」あるいは「博士(学術)」の学位を授与する場合がある。